銀魂 吉原炎上編

また一つ、重い長編が終わりました。
今回のストーリーを通して、神威の中に「神楽の別の歴史」を見た気がします。もし神楽が地球に来なくて銀さん達と出会わなかったら、ああいう子になってたのかもしれない。ホントに銀さん達と出会えて良かったね。
ストーリーはバトル中心でしたが、まず神楽vs阿伏兎。神楽がヤトの本能に目覚めてしまって見境なく殺し合いを始める中、新八の叫びがマジだった。アレは演技じゃなくて、阪口さんに新八が乗り移ったかのように叫んでいたと思います。
また、銀さんvs鳳仙。今回のバトルは銀さんじゃなくて「白夜叉」の戦いだったと思う。目が違う、目が「白夜叉」だった。
神威は銀さんが「気に入った」という。俺に殺されるまでは死んだらいけないって。神威はサイヤ人ですかwww
銀魂のラスボスは高杉かと思ってたけど、こうなってくるとラスボスは神威ってことも考えられるかな。銀さんは神楽の前で神威と戦えるのか。星坊主に尋ねられた時どう答えるのかと思ったが、さすがに簡単には答えられないか。

最後に。皆さん書いていらっしゃるけど、EDが神だった。スタッフGJ。

追記。
ゴメンナサイ、私も「教えて銀八先生」で読まれてたのと同じようにどこで炎上するんだろうと思ってましたw
[PR]
by AppleTeaKobo | 2009-02-26 22:00 | アニメ・マンガ