RIDEBACK 最終回

国外逃亡することなくとどまった琳と珠代はどうするのか?と思っていたら、グリモアに追跡されて、珠代先輩はあっけなく戦線離脱。というか、琳が自分を囮にして珠代先輩の脱出を援護した形。
やっぱり琳はライドバックという「舞台」に戻りたかったんだね。グリモアの追跡を逃れつつ、商店街の中あんなに走り回ったら商店街の人怖いよね(笑)
途中グリモアに捕まって「落馬」するが、よくケガしなかったこと(笑)。この辺はすずりちゃんがちょっと自信過剰になっちゃったあげくああなった結果がふと頭をよぎりましたが、岡倉ゴブリンが助けに来てくれました。
そしてすずりちゃんの亡くなった場所へ。そして琳は舞う、ライドバックで。自分の果たしえなかった、踊りきれなかった未練を払拭するように。

一方、GGPとHESNER社の癒着がらみが明らかにされ、現地は大騒動に。これが原因かわかりませんが、GGP本部からロマノフへ武装解除命令が。この辺、ちょうど「銀河英雄伝説」の2期終わりの方でヤンに同盟政府から停戦命令が来るのと似てるなとか思ったり(笑)。
なんだかんだと(笑)ロマノフとキーファご対面。手負いの上ライドバックに乗ってないキーファはタダのテロリストにしか見えない(笑)。お互い銃を向け引き金を引くかと思われたその時、みさをさんがロマノフ射殺!これは上からの命令ですか(笑)。その後キーファがどうなったか不明。ゴブリンも。

舞い終わった琳の舞台に雪が降る。すずりちゃんに見せるように舞った琳だったので、雪はすずりちゃんの涙か、とか思うと美しいかも(笑)
戦いが終わったのが雪の季節、最後に琳としょう子が再会したのが桜の季節、と言うことはその間琳は何かしら拘束されていたということか。ライドバック部も見知らぬ子がいたようだし、ちょうど話始まってから1年経ちました、っていう終わりか。

物凄く正直に言うと、最初のつかみがよかっただけに、尻つぼみ感の否めない作品だった。でも映像の作り方、特に時折スローモーションになる見せ方は良かったと思う。
あと、琳の母の言葉「心に光がある限り、それを紡ぎ、踊る事ができる」って言うのが良かったな。心に光を。
キーファやその後の消息が分からない人が多数いる終わり方だったが、2期でそれらを解決、ということはないのかな(笑)
[PR]
by AppleTeaKobo | 2009-04-02 09:05 | アニメ・マンガ