夏のあらし! 3話

今更ながら「夏のあらし!」3話感想w




っていうか、今回の内容はある程度の年齢層以上の人には非常にツボだったのではないかと思って書くことにしました(笑)
だって冒頭の特撮ネタとか(笑)。他の方の感想とか見てみると「シャフトお得意の特撮ネタ」って書いてる方が多いのですが、シャフト抜きで特撮ネタがわかってしまう私の年齢は聞かないで下さいwww
あらしさんの「あなたにはこの星のことなんて関係ないのに、なのにそんなに傷付いて、辛い思いをして、どうしてそこまでして戦うの?」っていうセリフは、ウルトラセブンの最終回にダンとアンヌ隊員の会話にそんなのがあったような気がするんだけど。勘違いかな。
あとゲーセンでのクレーンゲームの景品が科特隊の衣装に似てたし、「アラシ隊員」までwww
それとCパートの「がきデカ」。これも若い人で分からなかった人多いのでは?(笑)
以前の「どこでもド(ry」とか今週のポーズだけとか、やっぱりキャラ名は言っちゃいけないのねwww

後半シリアス展開に。
あらしさんは自分のこと「幽霊」っていうけど、「一のいる時代では本当はいない存在」という意味で「幽霊」って言ってるんですよね。過去からなぜか生身の体で飛んで来たので、実際の感触はあるわけで。
あらしさんが助けた少年は、きっとあらしさんにとって大切な、死んでほしくなかった人だったんでしょうね。でなければあそこまで傷つきながら助けたりしないし。


「塩ください」の人、まだいたしwww
グラサンの事務所名長えwww
私も「とろろそば」と「山かけそば」の明確な違いが知りたいwww
あと紙芝居はやっぱり一時停止してちゃんと見た方がいいかなwww

来週も楽しみにしてます(笑)


追記。OP特撮ネタの音楽が、伊福部昭っぽかった?(笑)
[PR]
by AppleTeaKobo | 2009-04-21 18:24 | アニメ・マンガ

最近はアニメや読書の感想中心になっています。


by AppleTeaKobo