鋼の錬金術師 4話

何か唐突にグラン准将がやられちゃった気がしますが。
「原作準拠」っていう意味が少しわかった気がする。



今回は原作本を片手にアニメ見ました。前作のアニメでは、タッカーについてエドに説明するのはヒューズだったけど原作ではマスタング、また前作ではタッカーはグラン准将の部下っぽい描写があったけど原作ではない、という部分を修正して原作どおりの展開で話を進めたものでした。ニーナたちと遊ぶ描写も原作に近い。
前作アニメが脚色が強くてかなり印象深いエピソードだっただけに、今回のを見るとあっさりという感じがしないでも無いですが、まあコレが原作に近い話の進め方なのかなと。
ただ、セリフの言い回しとかカットしての縮め方とか、微妙にニュアンスが変わってしまいかねない部分もあったように思う。入れて欲しいセリフもあったけどなあ。ホークアイ中尉の「大人ぶってはいても あの子はまだ子供ですよ」とか。

タッカーとニーナ&アレキサンダーはスカーによって天に召されました。これからはエドvsスカーでやられてリゼンブールへ帰る、という原作どおりの展開になるんだろうな。途中、イシュバールの件で回想シーンとして新しく映像が出来るとうれしいのだが。

リオールの町の後、ユースウェル炭鉱の話と列車強盗からハクロ将軍を救う話はすっ飛ばされた、と思っていたらヨキ中尉の名前と顔だけは出てきましたね。ユースウェル炭鉱は後々また出てくると思うのだが、全く触れてなくて良いのだろうか。


追記。
いわゆる「福井ガンダム」と言われていた「ガンダムUC」がアニメ化するそうだが、2009年冬から?ハガレンの後番組?もしそうだとしたらハガレンは何クールなの?
[PR]
by AppleTeaKobo | 2009-04-27 12:23 | アニメ・マンガ