東のエデン 4話

「サポーター」って言うのは、サッカーで言う所のサポーターだったんですね。



つまり、「サポーター」は「12人目の選手」、12人のセレソンのうちの1人がサポーターで、セレソンに不適格と認定するかお金を使い果たすとそのサポーターが始末に来る、ということか。

滝沢は前回近藤と別れた後「他のセレソンに聞け」と言われたことを実行すべく、他のセレソンを探し始める。履歴から医療器具の購入先であった場所に行くと、その病院の院長が5番目のセレソンだった。
滝沢はちょっと人を信用しすぎ?いきなり薬渡されて飲んじゃうって。ただの眠り薬だったのは5番目のセレソンである火浦院長の人徳か。火浦は100億で高齢者を収容する病院を建設し、その家族を病院で雇用し、将来的にその病院を公的に運営してもらうべく議会に働きかける賄賂に使った。確かにそれは人徳のなせる業ではあるが、「この国を正しく導く」ことにはならない。100億使い果たした火浦にはセレソンがやって来て、5番目のマークが消える。ここ切ないね。この場面を見せるために、ちょっと前に4番目だけ消えたケータイの場面を見せたのか。

今日わかったこと : 
・セレソンを選んだのは「Mr. Outside」という人物らしい。
・セレソンは身に覚えがあろうとなかろうとセレソンになろうと強く認識したことがあったから選ばれた。だからセレソンであることを辞退することはできない。
・セレソンは最終的に指名を全うした1人のみ生き残れる=「あがり」、つまりゲーム終了で他のセレソンは消滅する。


一方咲ちゃん。
滝沢と別れて自宅に朝帰り。パン屋さんなんだね。優しそうなお義兄さんが出迎えてくれる。そっか、この前見た映画が好きだった大好きな人って・・・。
毎度哀れな大杉くんから電話。もうとっくにばれちゃってるのに咲が嘘ついてることにちょっとショック。それでも咲を支えたいっていう気持ちは強いんだね。
滝沢にメールを送る。「時間あるときに返事ください」という1行を消して送信。ホントは返信欲しいと思うけどなあ。お義兄さんの顔見たらちょっと気分が変わったのか。


もしかして、これから毎回1人ずつセレソンが消えていく話になるの?
最後に現れた「サポーター」と呼ばれる人物、赤いネクタイの人?1話に出てきた人?
あと途中、高速道路の果ての爆心地に行った時の映像は滝沢の記憶?白い人影がちょっと不気味。
[PR]
by AppleTeaKobo | 2009-05-01 08:07 | アニメ・マンガ