東のエデン 7話

え?ええっ?えええぇぇ~~~~?????
タイトルはそういう意味だったのか!



結局、彼女はアノ男を捕まえるためにセレソンシステムを使ってたんですね・・・

恋愛相談掲示板に投稿されていた記事や写真から大杉の居場所を探索するエデンメンバー。「共犯者ジュイス」を見た時、滝沢は肝が冷えただろうね。
平澤ご自慢の画像検索システムを利用してキーワードとなるピアノを発見。そのピアノからホテル名をJUIZに探索させ、ホテル名を割り出す。「セレソンシステム」を使った命令っていうのはセレソン相手には通用しないものなのかな。滝沢と黒羽、お互い足止めしようとするけど結局止められて無い。黒羽警察スルーするし、ホテルに入るのに支配人らしき人に一応声かけられてるけど事実上素通りだし。15億でホテル購入、しかし直後に黒羽が買い戻し、「差額の2億」は誰の懐へ?

滝沢より先にホテルの部屋へ到着する黒羽。今にもとジョニーをチョッキンと言う所で交通事故の影響で手負いの滝沢到着。
あー!もー!滝沢くん危ない!近寄っちゃダメ!とか思うのにずんずん近づいていって・・・。ホントに根から人を信用するタイプなんだな。なぜジョニー狩りをするのか尋ねる滝沢。「男の人にひどいことされた?」とか「ジョニーに愛をもらったことないのかな」とか、黒羽の心を内側から溶かすように話しかけるように聞く・・・優しいキス・・・という感じになる前に手負いの滝沢はダウン。正直殺されなくて良かった(-_-;)。黒羽「いい子がいるじゃない」って、手当てしてるけど滝沢裸だし(笑)しかもおしりにタオル。でももっと早く滝沢に出会ってればジョニー狩りなんていう血塗られた人生を送らなくても済んだのかもしれないね。

そんな滝沢と黒羽の会話、もろに「セレソン」とか「100億使い切る」とか重要単語混じった会話が咲につつぬけ。いつからケータイ繋がってた?着信履歴から偶然?それともわざと?
車の渋滞を抜け、一人ホテルへ走る咲。話の内容がさっぱり理解できないまま滝沢と黒羽のもとへ到着。傷だらけで包帯グルグル巻きの滝沢を前に「滝沢くんに何をしたの?!」と聞く咲。(大杉くんと思われる人には目もくれず笑)黒羽「何もしてないわよ」うーん、まあそうだけど(笑)

ここからが本日のメインイベント!(笑)
黒羽に羽が生えた!Σ(゚д゚lll)もう一人の男がふわりと宙に浮き上がり、その男を小脇に抱きかかえて、窓ガラスをバーンと全部ぶっ飛ばして、窓から外へ飛び立つ!えええええ~~~、なんと言うファンタジー!このアニメはファンタジーだったのか!Σ(゚д゚lll)
と思ったら、ケータイ履歴に「イリュージョンのネタ」って(笑)。
結局、監禁されていた男は指名手配中の強姦魔で、おそらく黒羽自身も被害に遭ったんだろうね。それでその恨みをはらすべくこの男を捜すためにセレソンシステムを使っていた。おそらく黒羽の目的は達成されたと思うけど、このまままだ「ジョニー狩り」を続けるつもりなんだろうか。ケータイのセレソンナンバーは消えてなかったからまだ脱落という訳ではなさそう。また滝沢と出会うことがあるんだろうか。


ところで、本物の大杉くんはどこ行ったの?(笑)
春日、情け無いこと認めすぎ(笑)
あと、あのケータイがバイクのライダー向けって言うのが少し分かった(笑)、NECで開発されたモデルらしい。
滝沢は「迂闊な月曜日」を「演出」した男なのか。結局最後には謎はとけるのだろうか。


追記。リアル携帯関連↓
アニメが「命を吹き込んだ」――未来の“N”端末「ノブレス携帯」誕生の秘密
[PR]
by AppleTeaKobo | 2009-05-22 07:58 | アニメ・マンガ