東のエデン 10話

いろんなことが物部の口から語られてしまったようですが・・・


あ、あと公式ブログに動画が載ってますが、アレは10話の内容がかなり含まれてますので、週遅れとかで見てる方はネタバレになってしまうかもしれないので、気をつけてください。




前回物部から着信のあった滝沢、咲とみっちょんを先に新幹線に乗せて自分は用が出来たから残るという。
不審に思った咲が滝沢に電話し、自分は本当は滝沢のケータイのこととかセレソンとか知っているという。そんな咲にこのまま自分達の会話を聞いていて欲しいと言うが・・・
通話料は咲持ちですか!って思ったのは私だけじゃないはず(笑)

Mr.Outsideは「アトウサイゾウ」という人物のことらしい。マジだじゃれ・・・(-_-;)
「アトウサイゾウ」は播磨脳科学研究所も運営していて、物部はこことアトウの関係を知ると官僚を辞め、ここに出入りする商社に入り、結局今はここの責任者?のっとり?
物部は滝沢を含めて9人までセレソンの素性を突き止めたって言うけど、近藤・火浦・黒羽・結城・辻・滝沢と自分?あと2人は?
「これがJUIZだよ」って、やっぱりJUIZは一人一人にあてがわれたAIだったわけですね。物部、JUIZをそっくり頂く、って。自分がOutsideに成り代わることで上がるつもりらしい。
No.10のこと「彼が11発のミサイルを落とした」って、でも板津を轢いた時の態度とまるで違うな。やはりバーチャルにと言うか目の前で自分が手を下す訳でもない殺しはなんとも思わないタイプなのか。
No.2がどういう人かイマイチわからなかった。すでに100億持ってるってお金持ち?

ここから重大発表が!明朝8時に60発のミサイルが落ちて、日本を戦後からやり直す・・・って。
結城の思想は実際に今現実でも若者の間に存在すると言われている「戦争待望論」的思想ですね。自分には守るべき仕事も金も地位も無い、この行き詰まった社会を打破するための手段として「戦争」とか持ち出すような。この辺がNo.10のインタビューにあった「ノンフィクションなフィクション」って感じがしますね。

滝沢が記憶を消した理由、「きみが助けた人達、協力した仲間、双方から裏切られた」から、って・・・。具体的にどういうことがあったのかちょっとわからないですが、それでNo.9は記憶を消したんですか。
滝沢ミサイル阻止→助かった人(含む咲)「もっとすごいこと起こらないかな」で絶望、ってことかな。


一方、エデンメンバー(平澤とみっちょん)には板津からのデータが送られて来ていた。平澤達はそれをパソコンで開いて見ていたが、滝沢のケータイのログだとうことは理解したらしい。そこへ!ガーンという音とともに大きな船が・・・ってコンテナ船?2万人のニートが帰って来た?何で?平澤、パソコン持って逃げろよ!ヽ( `Д´)ノ
この帰って来たニートたちは、滝沢を助けようと帰って来た、とは思えないかなあ。そうだったらいいなあとか思ったり。
あと「AKX20000」って何?(笑)ちゃんとキャスト名が書いてあるしw


すっかり上がりを確信した物部たち。祝杯をあげるべくJUIZにシャンパンを用意させるが・・・空のビンが来る。
まだ勝者は決定していない、今後もMr.Outsideの指示に従ってゲーム続行・・・って、12番がOurside本人でかつサポーターなのか?確かにお金を使った形跡がなく、初めて使った履歴が「JUIZ本体を秘密の場所に移動」(しかも金額がたった5000円)って・・・もしかして滝沢達が研究所に着いた時トラックで運んでたアレのこと?


タイトルがああでしたが、別に滝沢は殺されること無く・・・でも精神的には殺されたみたいなものなのかな。終わりの滝沢の姿が痛々しい。
でも謎はまだ引き続いたまま、次回最終回!
個人的な希望ですが、No.10とNo.2の中の人は逆の方が良かったな(笑)。遊佐さんの声もっと聞きたかった(笑)
あと、今回特に音楽が素晴らしかったです。サントラでたら買うかな。
[PR]
by AppleTeaKobo | 2009-06-12 08:09 | アニメ・マンガ