東のエデン 総集編 Air Communication

やはり「総集編」なだけに「はしょってる」感がなきにしもあらず。
しかも、「セレソン」とか「ノブレス携帯」と言う単語がかなり早い段階から登場してるところから、本編を見た人を対象に作ってる感も否めず。
平澤他「東のエデン」メンバーによる回想の語り合いによって説明が加えられているようだが、正直ウザイと思う場面もあり。エデンメンバーファンの方には申し訳ないが。そんなに語り入れなくても、キャラのセリフだけでも話は通じるのではないかと思う。
「はしょってる」と同じことかもしれないが、滝沢と各セレソンとの話をもう少し入れて欲しかった。特に近藤との映画館での話や最期の場面の会話や、黒羽との会話とか。

でもいくつかわかったことがあった。ほとんどエデンメンバーによる説明によるものだったが。
・近藤が愛人宛に送ったメールが妻に届いたのは、近藤の送信ミス
・滝沢は機械に弱い(みっちょん談)
・黒羽、滝沢に会って心境変化?最後に連れ去った強姦魔は六本木の警察の前に置き去りに。(殺さなかった)
・11発目のミサイルは2万人のニートの帰国に合わせて彼らを亡き者にするために放たれたものだったが、何者かによって意図的に2万人ニートの帰国が遅れた
・ショッピングモールで平澤達がノートパソコン取り返す時言われた言葉は「もまいら、毛、あるな」だった

何か全然取り留めないですが、映画には期待します!

さらに↓

フィルムコミック東のエデン

神山 健治 / 扶桑社



「東のエデン」11話を収録したフィルムコミックが出るそうです。欲しいじゃないか・・・(-_-;)
[PR]
by AppleTeaKobo | 2009-11-28 21:50 | アニメ・マンガ | Comments(0)