劇場版銀魂 紅桜編

見て来ました。
以下、ネタバレが含まれるので、まだ見てない方はご注意下さい。
それにしても、女子率高いw
まあレディースデーだったと言うのもありますが、ほぼ満席でほぼ全員女性ってw
そこまで想像してなかった(^^ゞ
何か雰囲気良いですね、始まる前のワサワサした感じがワクワクするっていうか。「東のエデン」は大人な雰囲気でそういうのなかったから。それにみんなポップコーンとかチュロスとかよく食べるのうw


そういえば予告で見た「ちょんまげぷりん」が面白そうだったなw
あと「プランゼット」はCGがリアルすぎて怖い。というか気持ち悪い。

劇場版 銀魂 新訳紅桜篇 オリジナル・サウンドトラック

サントラ / アニプレックス





いや~~冒頭からやってくれますね>BGMオンリー
「らしい」ですよ、全く。しかもワーナーのタイトルから3回やり直すとはw

良かったです。ホントに。全部話知ってるのに良かった。
本編には無かった真撰組や神威はああいう関わり方だったのね。正直テレビ版オンエアされた時「こんだけドンパチやってんのにケーサツは何やってんのよ」って思ったし。神威もアノ後江戸へ来ることになったんだ。
(でも近藤が出てきた時いつモザイクになるかうずうずしちゃったのは私だけじゃないはずw)
戦いのシーンは大スクリーンで迫力ある映像だったし(でも音でかすぎないか、シネ・リーブル)。
あとツイッターで監督から「月の色を変えた」って言うのは聞いてたんだけど、月背景の高杉のシーンとか印象強かったな。いい色だった。
それと、また子スタイルいいなw武市の「フェミニスト」の発音が変わってた。最後春雨の戦艦に乗り移った後にまた子と武市もいたから、死んでなかったのね。今後また出てくるのかな。

でも松陽先生との過去シーンとか、新しい話題は無かったかな。未だに理解できなくて引っ掛かってるのは、桂が「アイツが耐えているのに~」っていうセリフ、何で銀さんが一番耐えてることになるんだろう。
それと願わくば最後の天人との戦闘シーンのBGMは「修羅」にして欲しかったな。あの曲好きだったし場面に合ってたと思う。
映画は戦い終わって銀さん達がちゃんとお妙さんのお気に入りの傘を持って帰ってくるところで終わり。お妙さんもホッとしたことでしょう。視聴者も。



ところが!ここで終わらないのが銀魂です!な、な、なんと・・・


劇場版第2弾「真撰組血風録」の予告が!Σ(゚д゚lll)


ををを!これは見たい!ぶっちゃけ、紅桜編より見たい!(オイ
動乱編と柳生編とミツバ編を合わせて良いとこ取り再編集!お願いです!是非やって下さい!
と思ったら、次こそわ我こそをというキャラが次々登場wお登勢さん&キャサリンに始まりお妙さん&九ちゃん+東城、マダオにハタ皇子にムサシのオッサンまでw
他にも今まで出たキャラ全部いるんじゃないかってくらい詰め込み映像でw
ところが最後に「ワ~」さんと「ナ~」さんがΣ(゚д゚lll)!お願い!ワ~さんとナ~さん、そんなこといわないで、今日ちゃんとグッズも買ったから(笑)第2弾もお願いします!m(_ _)m


とまあ、最後の最後までいろいろありましたが(笑)、楽しかったです。ホントに。
明日、テレビ版を見直してみるかなw
[PR]
by AppleTeaKobo | 2010-05-12 17:45 | アニメ・マンガ

最近はアニメや読書の感想中心になっています。


by AppleTeaKobo