英国の白いバラは・・・

英皇太子、カミラ・パーカー・ボウルズさんと挙式 (Excite エキサイト : 主要ニュース)

普段有名人などが誰と結婚したとか離婚したとか付き合ってるとか、そういうことには全く興味ないのですが、今回のチャールズ皇太子の再婚にはちょっと思うことがあります。
結局こうなるなら、なぜ最初からカミラさんと結婚しなかったのか?
そうすればダイアナさんは別の彼女の幸せを見つけられたかもしれなかったのに。
カミラさんが年上でバツイチだったから?(ダイアナは若かった)
カミラさんの実家が男爵家だから?(ダイアナの実家はスペンサー伯爵家)
何か、結局ダイアナさんは世継ぎを産むための器でしかなかったんじゃないか、と思えて
悲しい。
先日の宮内庁長官の退任会見の時にも、似たような感じを受けた。この人、女性は子をなすための役割としか考えてないんじゃないか・・・って。(雅子様のこととか、秋篠宮家に第3子を希望すると言ったこととか)
世の中、未だにそういう考えの人っているんだなあと思いました。
この結婚式に参列したウィリアム王子やヘンリー王子は、どのような思いで参列したのでしょう・・・。
今回のチャールズ皇太子の再婚が認められるということは、カトリックのイギリスではありえないと私などは思っていたんですが、イギリス国民の皆さんも寛大な方が多いのですね。

訂正。
イギリスはカトリックではなく、「英国国教会」でした。訂正します。
[PR]
by AppleTeaKobo | 2005-04-11 08:45 | 日記