12月の読書メーター

11月の読書メーター
読んだ本の数:15冊
読んだページ数:2933ページ

伝説の勇者の伝説(9) 完全無欠の王様 (富士見ファンタジア文庫)伝説の勇者の伝説(9) 完全無欠の王様 (富士見ファンタジア文庫)
アニメではあっさり終わってしまったシオン執務室前も、こんなにいろいろやりとりとか葛藤とかあったのね。ストーリー全体の大きな転換点の前触れとも言うべき1冊。最後はライナがあんなことに・・・。
読了日:11月27日 著者:鏡 貴也
3月のライオン 5 (ジェッツコミックス)3月のライオン 5 (ジェッツコミックス)
この作品にはいろんなキャラがいて、それぞれみんな一筋縄ではいかない複雑なものを背負って生きていて、でもそれこそこの作品の中にリアルさを感じる部分だなと思います。
読了日:11月26日 著者:羽海野 チカ
伝説の勇者の伝説(8) 行方知れずの恩知らず (富士見ファンタジア文庫)伝説の勇者の伝説(8) 行方知れずの恩知らず (富士見ファンタジア文庫)
「知るか、そんなこと」は最強のセリフ。249ページの挿絵最高。
読了日:11月23日 著者:鏡 貴也
鋼の錬金術師 27 (ガンガンコミックス)鋼の錬金術師 27 (ガンガンコミックス)
これだけの最後を構想しながらここまで描き続けて来られた荒川弘先生はやっぱりスゴイ!そして4コマも最高!そしてラストのホーエンハイム泣けた(;_;)
読了日:11月22日 著者:荒川 弘
夏のあらし! 8 (ガンガンコミックスJOKER)夏のあらし! 8 (ガンガンコミックスJOKER)
無言で数ページ続く空襲シーンが大迫力。詩の部分とか、読んでて涙が止まらなかった。今平和の中に生きられることに感謝したくなる作品。
読了日:11月22日 著者:小林 尽
とりあえず伝説の勇者の伝説 (6) 死力のダンスパーティ (富士見ファンタジア文庫)とりあえず伝説の勇者の伝説 (6) 死力のダンスパーティ (富士見ファンタジア文庫)
読了日:11月21日 著者:鏡 貴也
ムダヅモ無き改革 5 (近代麻雀コミックス)ムダヅモ無き改革 5 (近代麻雀コミックス)
麻雀わかんないけど読んでる(^^ゞロケットやアシモまで出てくるとは想像斜め上(^^ゞ次巻完結。
読了日:11月19日 著者:大和田 秀樹
ハヤテのごとく! 26 マリア生写真つき 初回限定版 (少年サンデーコミックス)ハヤテのごとく! 26 マリア生写真つき 初回限定版 (少年サンデーコミックス)
ナギの新生活スタート!そして猫好きは必見。
読了日:11月19日 著者:畑 健二郎
このライトノベルがすごい!2011このライトノベルがすごい!2011
読了日:11月19日 著者:
魔法先生ネギま!(32) (少年マガジンコミックス)魔法先生ネギま!(32) (少年マガジンコミックス)
ラストに持って行かれた感が…。
読了日:11月19日 著者:赤松 健
とりあえず伝説の勇者の伝説(5) 魅力のオーバーヒート (富士見ファンタジア文庫)とりあえず伝説の勇者の伝説(5) 魅力のオーバーヒート (富士見ファンタジア文庫)
読了日:11月18日 著者:鏡 貴也
ターンAガンダム 月に繭 地には果実(上) (講談社BOX)ターンAガンダム 月に繭 地には果実(上) (講談社BOX)
話の成り行きがアニメと違う部分もあります。戦闘時とかメカについての表現が詳しい。メカ好きの方にはきっとうなるような表現なのだろうが、私はその辺はさらっと読み流し(^^ゞ
読了日:11月14日 著者:福井 晴敏
ワンダフル・プラネット!ワンダフル・プラネット!
写真が超キレイです!1000円で宇宙から見た地球が見られて良いのだろうか(^^ゞ
読了日:11月14日 著者:
デュラララ!! (電撃文庫 (0917))デュラララ!! (電撃文庫 (0917))
すごく人気あるらしいのでどんなものか読んでみた。「首無しライダーしかも女の子」とかいうアリエナイ存在が登場したりするが、舞台が池袋なのでファンタジーとも言い難いリアル感がある。ラノベらしい作品というのかな。「ダラーズ」の創始者が意外な人物だったが、普段は普通に見える子が実は世界を動かしてるというのはとても現代的な作品と思う。
読了日:11月09日 著者:成田 良悟
伝説の勇者の伝説〈7〉失踪の真相 (富士見ファンタジア文庫)伝説の勇者の伝説〈7〉失踪の真相 (富士見ファンタジア文庫)
新たな魔眼保持者が登場し話が大きく展開。ライナはシオン・フェリスの元から離れてどうなるのか・・・。
読了日:11月03日 著者:鏡 貴也

読書メーター



今回もマンガ・ラノベ多し。特に鋼・夏のあらしは最終巻。どちらも素晴らしい作品でした。是非多くの方に読んで頂きたい。
[PR]
by AppleTeaKobo | 2010-12-01 09:50 | 日記