アニメ「GOSICK」最終話

先週の終わりから「もしや鬱エンドか」と内心ひそかに憂えていたのですが・・・。





みんな悲しみを背負って生きている。母と生き別れになったヴィクトリカも、娘と引き離されたコルデリアも、コルデリアに愛されなかったブライアンも。しかし、ママンの愛によって救い出された仔狼はブライアンに殺されかかるも、その知恵の泉を駆使して日本の久条の家までたどり着いたのか。

久条についての表現がひどかったのでもうこのまま二人会えないまま話が終わるのかと思ったぞ!ヽ( `д´)ノ
アブリルも健気すぎて泣けた(/_;)

原作のグレヴィールはいつでもヴィクトリカに恐れおののいている雰囲気があったが、アニメのグレヴィールは異母妹が「愛」を知った事を感じ、あわれに思ってるようなところが見受けられたのでもしやと思っていたが・・・やはり見逃してくれた。グレヴィール、よくやった、お前は出来る子だと思っていたよ(^^ゞ
「仮は返したぞ」の言葉とともに、髪型をドリルからもとに戻すことに。

最後久条の帰国をモンペ姿のヴィクトリカが出迎える。ホントに二人また会えて良かったよ~・゚・(ノД`)・゚・
この最終回がどの程度原作に準拠しているのかまだ8の下巻が出ないのでわかりませんが、もう見ていてはらはらドキドキ涙ポロポロでしたよ・゚・(ノД`)・゚・
とりあえず、今期一番良かった作品が完結しました。ありがとうございました。
8の下巻を楽しみに待ちたいと思います。
[PR]
by AppleTeaKobo | 2011-07-02 23:09 | アニメ・マンガ