伏 鉄砲娘の捕物帳

伏 鉄砲娘の捕物帳

観て来ました。
ネタバレしたくない方はご注意を。

伏(ふせ) 贋作・里見八犬伝 (文春文庫)

桜庭 一樹 / 文藝春秋





見てまず映像がきれい!江戸と思われる街並みの全貌が映るシーンとか圧巻。
人物絵は思いっきり二次元なのですが(^^ゞ
どこかジブリ映画を思い出させる雰囲気がありました。
ストーリーは猟師の浜路と「伏」の信乃との物語。「八犬伝」の設定を入れていますが、八犬伝とは全く別物と考えた方が良いでしょう。
人間と犬の間に出来た「伏」と呼ばれる生き物を狩る「伏狩り」が行われ、捕まった伏のさらし首とかいう映像があるんだけど、アレは犬好きの人が見たら辛いと思うだろうなあと感じたり。
水樹奈々さん演じる花魁の伏・凍鶴が浜路に託した手紙が泣ける・・・。(/_;)
その手紙の内容から浜路は信乃に人の生き魂を食らって生きる生き方ではなく、人の中で生きるように訴えたんだろうと思う。ただ「あいこにする」って言うのがどういうことなのかイマイチつかめなかった。
はっきりした描写は無かったんで「おまえらいつから愛し合ってんだよ」と思わなくもないですが(笑)
あ、それから滝沢馬琴の孫・冥土ちゃんが女の子だったことを今日初めて知りましたよw
凍鶴退治で活躍した浜路をかわら版のネタにしたことがきっかけで浜路と冥土は仲良くなるんだけど、良いお友達になれて良かった。浜路がきっかけになって仲悪かったおじいちゃんとも打ち解けたみたいだし。
最後、信乃の叫び声が良かったな。宮野真守GJ。
でもエンドロールが縦書きなら横に流れて欲しかった(笑)

まあとにかくそこそこ面白かったんですが、若干よくわからない部分とかもあって(特にあの将軍は何者?)、なのでこれから本読んで補完します(^^ゞ。
[PR]
by AppleTeaKobo | 2012-11-07 16:04 | アニメ・マンガ | Comments(0)