4月の読書メーター

2013年4月の読書メーター
読んだ本の数:14冊
読んだページ数:2903ページ
ナイス数:67ナイス

八犬伝  ‐東方八犬異聞‐ 第7巻 (あすかコミックスCL-DX)八犬伝 ‐東方八犬異聞‐ 第7巻 (あすかコミックスCL-DX)感想
生き神としてまつられるヤナとの話。その中で荘介が蒼と直接対面。他にも信乃が先生になったりw、肉まんの主人との話も良かった。
読了日:4月2日 著者:あべ 美幸
八犬伝  ‐東方八犬異聞‐ 第9巻 (あすかコミックスCL-DX)八犬伝 ‐東方八犬異聞‐ 第9巻 (あすかコミックスCL-DX)感想
道節がついに浜路と対面。浜路もっとキャンキャン反抗するかと思ったが、意外と素直だった。そして章彦君の話の終わりはちょっと悲しい。
読了日:4月3日 著者:あべ 美幸
八犬伝  ‐東方八犬異聞‐ 第8巻 (あすかコミックスCL-DX)八犬伝 ‐東方八犬異聞‐ 第8巻 (あすかコミックスCL-DX)感想
緋の塚の那智と猫の楓の話、久しぶりに戻った森での健太の話、伏姫伝説。そして道節が帝都へ来るが、法師が雪童子を従えていて雪姫と一戦。でも一番気になるのは荘介の体がどうなっちゃうのか・・・。
読了日:4月4日 著者:あべ 美幸
八犬伝  ‐東方八犬異聞‐ 第10巻 (あすかコミックスCL-DX)八犬伝 ‐東方八犬異聞‐ 第10巻 (あすかコミックスCL-DX)感想
八人目と思われる天狗の子・仁(しのぶ)の話。
読了日:4月4日 著者:あべ 美幸
八犬伝  ‐東方八犬異聞‐ 第11巻 (あすかコミックスCL-DX)八犬伝 ‐東方八犬異聞‐ 第11巻 (あすかコミックスCL-DX)感想
前半現八の元婚約者の話だが、もっと貞淑な女性だと思ってたんだがイメージ変わったな、結構自由奔放な人だったらしい。そしてちょっとずつ過去を思い出す信乃。
読了日:4月5日 著者:あべ 美幸
バカとテストと召喚獣11 (ファミ通文庫)バカとテストと召喚獣11 (ファミ通文庫)感想
終わらなかった―!w3年vs2年の試験召喚戦争始まる。学年内での連携を進めるためクラス代表の会議に出席する坂本が大変な事態に巻き込まれる。今回は試召戦争のストラテジーを楽しむほか、桐島さんのがんばりも見物。そして最後の坂本の一言w高城先輩の最終的な思惑とかリンネくんの役割とかまだわからないので次巻に期待。次で本編最終巻とな!
読了日:4月7日 著者:井上堅二
八犬伝  ‐東方八犬異聞‐ 第12巻 (あすかコミックスCL-DX)八犬伝 ‐東方八犬異聞‐ 第12巻 (あすかコミックスCL-DX)感想
人形師大角が帝都へ出てくる。そして信乃や荘介たちの過去話、教会の新シスターや斎姫も登場、話が少しずつうねって行く。
読了日:4月7日 著者:あべ 美幸
もやしもん(12)限定版 (プレミアムKC)もやしもん(12)限定版 (プレミアムKC)感想
前巻から引き続き「日本酒嫌い」を公言している高校生・西野円を中心にした話。うーん確かに「○○業の家」と言う先入観でその家の子は何でも知ってるように思ってたかも。「大人になる」とはどういうことか、純真な女子高生のストレートな言葉を使って改めて大人に向けて問いかけているような気もする。日本酒好きな人は必読。
読了日:4月8日 著者:石川 雅之
曹植系男子(2) (ガンガンコミックスIXA)曹植系男子(2) (ガンガンコミックスIXA)感想
完結かあ。残念もうちょっと兄弟たちを見ていたかった気もするが、もしこの後曹操の跡目を巡って兄弟争うような場面を見なきゃいけなくなるんだったら、ここで終わっておいた方が良いかも。読んでてずっと楽しかった。曹丕は今までずっと良いイメージが無かったのだが、違うイメージも持てるようになったのは良かった。お疲れ様でした。
読了日:4月8日 著者:ねこクラゲ
のうりん 6 (GA文庫)のうりん 6 (GA文庫)感想
ついに「のうりん」でもTPPの話題が!それにしても、前半のエロ下ネタ多めに比べて後半のコシヒカリvsハツシモ、林業、工場で働く外国人労働者、食糧安全保障などの話題の重いこと。でもこうやってラノベで話題になることによって若年層への話題喚起に役立つと思う。それにしてもベッキー先生がどんどん妖怪じみてくるw
読了日:4月19日 著者:白鳥 士郎
銀の匙 Silver Spoon(7) (少年サンデーコミックス)銀の匙 Silver Spoon(7) (少年サンデーコミックス)感想
駒場くんが気になる!読み終えてそれしか考えられない!蝦夷農祭は結局棒に振ってしまった八軒、病院でお父さんとのやりとりはこたえたね。お母さんも気をつかったようで逆に八軒を傷つけることに。そんな両親と対照的に蝦夷農の仲間はみんな良い仲間だね!それにしても、タマコ、ページによって姿違い過ぎw
読了日:4月21日 著者:荒川 弘
幕末ガール~ドクトル☆おイネ物語~ (秋田レディースコミックスデラックス)幕末ガール~ドクトル☆おイネ物語~ (秋田レディースコミックスデラックス)感想
イネを手籠めにしたと言われる石井宗謙がイケメンに描かれてて何か悔しい(笑)「女だから」という理由で門前払いされていた時代はついこの前まであった。今は仕事も学問も男性と肩を並べて出来る時代だが、イネたちのような先人の苦労と努力があってのものだと思う。ミュージカルも見てみたかったな。
読了日:4月22日 著者:黒沢 明世,横内 謙介
幕末魔法士〈2〉大坂鬼譚 (電撃文庫)幕末魔法士〈2〉大坂鬼譚 (電撃文庫)感想
笠原来青の風貌とか、新選組が出てくるとか薬を飲むと「鬼」になるとか薩摩が黒幕とか、どうしても薄桜記を思い出さざるを得ない。今回は伊織を探偵役にして犯人捜しのミステリーっぽい感じがした。ラブ要素もちょっぴりあり。冬馬が見かけに反しておちゃらけたヤツじゃない所は好感持てる。
読了日:4月29日 著者:田名部 宗司
アニメ文化外交 (ちくま新書)アニメ文化外交 (ちくま新書)感想
2009年に書かれた本なので少し前の情報ではありますが、各国で日本のアニメが受け入れられている状況がよくわかりました。あと、複雑なストーリーを持った作品の浸透度は国のGNPと関係がありそうという推測は面白いと思った。
読了日:4月29日 著者:櫻井 孝昌

読書メーター



八犬伝については先が知りたくて一気に読んでしまったが、もう一度じっくり読むつもり。
「幕末ガール」はあまり知られてない作品のようなのでオススメ。
あと「のうりん」はTPPの話とかもあるので、若い人への話題喚起になって欲しい。
[PR]
by AppleTeaKobo | 2013-05-02 07:04 | 日記