種運命 37話

正直言って今回は「わからないことだらけ」の回でした。
でも・・・ダコスタいたーーー!!(^^ゞ(通りで各地でササヌマンの声がすると思った)





■デュランダル「撃墜を許可する」

アスランとメイリンの乗るグフを「裏切者」として撃墜命令を下す議長に、タリアが「議長!」と抗議の声を上げるが、それをギロッと見るデュランダルの顔、怖かったですね~。
もう、議長の暴走はタリアの力を持ってしても止められない段階に入った、ということなのでしょう。
タリアもかなり議長に懐疑的。

■アスランとメイリン

追って来たシンとレイに対し、「このまま殺されるつもりはない」と対抗する。
レイは、「アスランを敵として討つ」というよりは、シンにアスランからマズイ言葉を聞かせないように、アスランとシンの間を割って戦っているとしか思えない。

アスラン「彼らの言葉はやがて世界のすべてを殺す!


その通りですね。「世界のすべて」と言うのは「街」とか「命」とかだけじゃなくて「意志」も殺す、と言うのを含んでいると思います。議長に対して「NO」と言わなくなる、従うだけで己を失っていく、と言う事だと思います。

■迷うシン

今日わからないことの1つ目なのですが、なぜシンはアスランを討つことにそんなに迷うのか?
あんだけ逆らって反抗して文句言ってきたくせに。「キライキライも好きのうち」ってか。(^^ゞ
アスランはいいけどメイリンがいるからかなあ。実はアスランを尊敬していた・・・って言われても何となく今更感があるんですが・・・。
レイ「敵なんだ!彼は!彼らは!」
シン「アンタが悪いんだ・・・アンタが裏切るから!」

レイの言葉で、議長の言葉を信奉した自分の「そのためにはどんな敵とでも戦う」と言った現実に気付くシン。でも結局は「他人のせい」にして自分を正当化する。こういう姿をDESTINYを見ている若い人達はどう思うんだろう・・・。

■突然妹を失うことになったルナマリア

ルナマリア、かわいそうですよ・・・。突然メイリンを「裏切者」だからって殺されて・・・。
でももう一つの今日の疑問なのですが、なぜルナはシンの背中にすがって泣く?
私ならつかみかかって「なぜ殺した!」って文句の一つでも言うと思うけど、シンに対する怒りを表す描写はまるでなく、逆にシンにすがって泣くルナマリアがわかりません。
そこまでルナが「軍人に徹してる人物」とは思えないんだけどなあ。

結局、シンが一番「議長のために踊らされてる人形」だと思うんですが、本人がそれに気付くことはあるんでしょうかね。あるとしたらどういう経緯で?もしかしたらわからないまま最後まで行っちゃう・・・とか思ってしまうのですが。

その他、つっこみどころ。
・キサカ、アスラン達拾いに行くのに船出したり航空機用意したり、地球軍の服着ててもかなり自由に動ける立場にいるらしい。
・MS戦闘シーンでは、デスティニーとレジェンドはスゴイんだ!と言うのを表していましたね。
・その後、タリアと議長は話をしたんでしょうか?
・ミネルバクルーが皆動揺してる中、飄々としてるにぶいアーサー。でもこんなアーサーだからタリアの代わりに艦をまとめていけるのか。
・エリカさん、いたよ!
・あれだけの話で「次はオーブだ」って分かるキラとラクス、頭良すぎ。(^^ゞ
・今日の「えぇっ!」はダコスタだった!(宙に浮いてるし)(^^ゞ
・「ラグナロク」作戦・・・ね。銀英伝にもあったよ、「神々の黄昏(ラグナロック)作戦」って。(-_-)

次回予告。
どうもデストロイがまた出るみたいですね。もしや、オクレ兄さん・・・・?

最後に。
噂によるといよいよ来週から第4期OPEDらしいんですが、「OPのイザークとディアッカがかっこよすぎて死にそう」って子安氏の日記に書いてあるってホントですか!!!
\(◎o◎)/!もう、楽しみにしちゃうよっ!!
[PR]
by AppleTeaKobo | 2005-07-02 19:21 | SEED DESTINY