劇場版PSYCHO-PASS

アニメ「PSYCHO-PASS」

劇場版サイコパス観てきました。
今日は水曜日でレディースデーだったのもありますが、場内ほとんど、9割方女性でしたよ、男性は10人もいなかったんじゃないかな。サイコパスがこんなに女性に関心があるとは思いませんでした。

以下、ネタバレが含まれると思いますので、まだご覧になってない方はご注意ください。







いや~かなりの迫力、そして確かにR指定な映画でしたw
迫力は音も含めてすごいです。銃撃戦の銃の音とか、アクションシーンの音とか。アクションシーンは今回「シラット」という格闘技のちゃんとした指導を受けて作ってるそうなので、かなり本格的です。狡噛さんだけじゃなくて、朱もがんばるし。
舞台は東南アジアのどこかを思わせる雰囲気の場所であるが、そこへ行く前の日本での出来事もいろいろ伏線になってたり。あの蜘蛛みたいなドローンは気持ち悪いけどちょっと可愛くてw有能。そして今回も「紙の本」がアイテムとして出てきます。
ストーリーは勢力図が意外と複雑?なので「こいつは誰とつながってんの?」ということとか、いろいろ裏を考えながら見る必要があります。それと、海外が舞台のためか英語セリフがかなり多い(字幕付き)です。海外展開も視野に入れてのことかな?あと菅野祐悟の音楽素晴らしい。
しかし久々に出会った狡噛さんと朱なんだけど、全然色気無いなw槙島と似た者同士ということを改めて感じさせられる話の流れだったが、狡噛の内的対話の相手として槙島が出てくる所はナイスだった。
宜野座さんは眼鏡無しがいまだに慣れないのだがw、加えて今回ポニーテールとかwさらに朱のことを「あなた」と呼ぶのがさらに慣れないな。1期の時の短髪眼鏡で余裕のない感じの宜野座さんが良かったのにw
それから今回神谷浩史演じる新キャラも注目だったが、最期は意外とあっさりやられたようなw
あと須郷さんが普通に1係のメンバーとして一緒に存在して違和感ない雰囲気が良かったw
そして最後に朱が言った「民衆の支持無くして法律は成立しない」と言うのが心に響いたな。それと最初の方で日本の外がいかに危険地帯か、いかに日本が平和かと言う所は、今日本がテロ組織に揺さぶられている状態とちょうど重ねあわせて見るような感じもあった。毎回サイコパスは考えさせられる。もう1度見たい気もするし、文字で見たい気もする。今後の商品展開に期待。
[PR]
by AppleTeaKobo | 2015-01-28 17:26 | アニメ・マンガ