見直しを迫られるシャトル計画

シャトル飛行を当面停止 NASA発表 (Excite エキサイト : 国際ニュース)
<ディスカバリー>NASA計画部長「我々は間違っていた」  (Excite エキサイト : 社会ニュース)

感動的なスペースシャトル打ち上げから一転、外部燃料タンクから剥がれ落ちる断熱材の映像から、今後のシャトル計画も見直しを余儀なくされる状況になってしまったようです。
あの「断熱材のはがれ」は、2年前の事故を教訓に研究されてきたことが「改善できなかった」と言う事を証明してしまったようで、結局、NASAはシャトルの安全性について「1から見直し」をせざるを得なくなった、と言う事なんですね。

今回、打ち上げ前に見つかった問題について「もし同じような問題が見つかっても打ち上げは続行する」と言っていたことを含め、NASAの「安全性」に対する認識についていろいろと批判が上がっていたが、NASAは「飛行士は了解済み」と言っていたが、それは「飛行士の寛容さに甘えている」のではないか、と思っていた。NASAの側から「これなら万全だよ!」と飛行士の背中を後押しできるような状況になってから、次の打ち上げを行って欲しいと思う。

他のブログさんを見て、野口聡一さんに応援メッセージを送れるサイトを見つけました。↓
応援メッセージ募集!
[PR]
by AppleTeaKobo | 2005-07-28 19:04 | 日記