ゼーガペインADP

やっと観て来ました。以下ネタバレが含まれますので、まだご覧になっていない方はご注意ください。
上映は28日までのようなので、お早めに。
c0039661_19115435.jpg

c0039661_19115613.jpg









まず最初に壮大にネタバレをしますwこの映画は「ソゴル・キョウVer.1の物語」です。
見始めて「あれ?リセットする時ってキョウは知ってたんだっけ?」とか、いろいろ?な成り行きがありましたが、すべて前バージョンのキョウだとわかったら腑に落ちました。
何度もリセットされるので、何度も同じ映像が繰り返される。見てる方もリセットにうんざりする感じがわかります。(笑)
だんだん壊れていくキョウの様子が描かれて行きます。そして最後は月での自爆場面。テレビシリーズにつながる終わり方です。

ネットやツイッターでの「そう来たか!」という評判は、まさにその通りでした。そう来たか!の意味がわかりました(笑)。
ブルーレイなどの説明に「新たに再構築された話」とありますが、まさに再構築です。
テレビシリーズを知ってる人はああこの場面かと思いだし、テレビシリーズを知らない人にもわかるように出来てると思いました。

前バージョンのキョウは、確かにVer.2の明るくて元気なキョウと少し違って、少し大人びた感じがしました。オケアノスのみんなはこのキョウを知っていたから、新しく目覚めたキョウの人格の違いをいろいろ感じたのだとこちらも感じることが出来ました。
そして、今回新キャラとして登場した「カノウ・トオル」は、ただ映像を残した人というだけではなく、シマ指令の片腕とも言うべき重要人物でした。シマがカノウを「ミナト」と呼んでる場面もあったと思うのですが、シマ指令の補佐をする人物をシマは「ミナト」と呼んでいたのでしょうか。
ちなみにミナト副指令がシドニーサーバーから覚醒する時の場面もありましたが、テレビの時も思いましたがあれはもう王子様降臨ですねw映画でもミナトのシマに対する愛は満載でした(笑)。

と言うことで、まだご覧になってない方はもうすぐ終わってしまうので、お早めにお出かけください。


[PR]
by AppleTeaKobo | 2016-10-26 19:08 | アニメ・マンガ

最近はアニメや読書の感想中心になっています。


by AppleTeaKobo