種運命 48話

OPは今までのトータルな回想シーン+先週の議長演説。
タイトルは今日が「レイ」の方が良かったんじゃないかと・・・。
と言う事は、来週は今週よりさらに濃~い「レイ」の話なのか・・・。

今回はレイの言葉を中心に書いてみたいと思います。




■「遺言」のような言葉でシンを説得するレイ
レイ「議長の目指す誰もが幸福に生きられる世界、そしてもう2度と戦争など起きない世界、それを作り上げ守っていくのが俺達の仕事だ。そのための力だろ?
デスティニーは」
議長の為の力・・・。
シンがデスティニーを受け取った時点ではそこまで理解していなかったはず。
自分に「力」が渡された本当の理由を突きつけられ、困惑気味のシン。

レイ「ただ不安から異を唱える者が現れる」
ここでフレイの映像が出ましたが、フレイなんかはまさにコレだったなあと改めて思いました。

レイ「あのエクステンデットの少女や、あんなことを二度と繰り返さないために、これはやり遂げなければならないんだ」
「あんなこと」でキラとクルーゼが戦ってクルーゼがやられるシーンが出るけど、何か捕らわれの身みたいだったレイを救い出したのは議長みたいな感じでした。だからあそこまで信奉するのかな。

話してるうちにだんだん具合が悪くなってくるレイ・・・。まさか・・・、と思っていると
あの人と同じ薬を飲んだ!ここで衝撃的な告白。
レイ「実際俺にはもうあまり未来は無い。テロメアが短いんだ、生まれつき。俺はクローンだからな」
ついにレイの秘密が明らかにー!
でもクローンって、誰の?クルーゼのクローン?でもクローンからクローンって出来ないんじゃないの?と言う事は、クルーゼと同じ、アル・ダ・フラガのクローン?クルーゼが「失敗作」だったから、「もう一つ」作ったってこと?
秘密が明らかになった割には疑問な事多数。誰か教えて!

そして最後にシンに言った言葉。
レイ「お前の望んだ世界、守るんだ」
議長の掲げるデスティニープランはお前が望んだ世界なのか!シン!自分に問いかけるんだ!

■ラクス「私たちは今は戦うしかありません」

エターナルのバルトフェルドととアークエンジェルメンバーが通信で会談。
ラクス「夢と未来を封じられてしまったら、私たちは既に滅びた者としてただ存在するしかありません」
この言葉は現実の世界にもあてはまるなと思いました。例えば、イラクのように武力で押さえつけられている人達から、ほんの身近でももしかしたら親や周りの人の無理解で夢を持てないでいる人もいるかも知れません。
ある意味、自分への戒めの言葉のように聞こえました。

■エターナル、発進
バルトフェルド「真の歌姫が戻る!」
これは暗号電文なのではないかと思うのですが、その言葉によってかなりの艦隊が集まってきましたね~。
クライン派戦力と言うのがかなり在ることが判明。

■レクイエムでアルザッヘル基地壊滅

地球軍のレクイエムはザフトに「接収」された模様。破壊されていなかった。
やっぱり「月軌道に集めておいてくれ」はこれだったのか~。
大西洋連邦大統領は、ZAFTに対抗するため基地の兵士達を鼓舞する一方で、裏でデュランダルと手を結ぼうとしていたのか。しかしレクイエムで基地と運命を共に・・・。
これで地球軍の戦力はほぼ壊滅的らしいが、アークエンジェル・オーブ軍・クライン派軍戦力でどうやって議長率いるZAFTと戦うのか?!そしてジュール隊はどういう行動に出るのか?!

その他、ツッコミどころ。
・ジブリールと議長のお笑いアニメは、マジで大笑いしました。(演説のシリアスさとのギャップに大爆笑)
・OPしょっぱながシンルナだったのは、終わりがシンルナだったこととの組み合わせだったのね。
・OPにスティング・ステラ・アウル、久しぶりに来たー。
・レイのラボ映像がまた来ると言う事は、そうとう重要な伏線なのかと・・・。
・レクイエム、月の裏から表へ撃ったということ?
・チェス盤の局面、どういう局面なのかお分かりの方いらしたら教えてください。(どちらかが必勝の局面とか?)
・アーサー、感心しすぎ。(^^ゞ
・シン、「死んでいく親父みたい」って・・・。(その後のレイの告白を導き出すためと思いますが、無くてもよかったのでは・・・)
・やっぱりシリアスな話には大貫絵が似合いますね~。大貫ディアッカ、最高!(今回かなり仕事大変だったみたいですね。大貫氏、GJ!!!)

最後に。
今日聞いた「イザーク!」は、かなりしびれました~。グゥレイト!(^^ゞ
今までのDESTINYのセリフの中で、最高にしびれたかも~。(^^ゞ
来週以降、ジュール隊がどうなるかも気になります。
[PR]
by AppleTeaKobo | 2005-09-17 19:37 | SEED DESTINY