種運命 最終回 (再掲)

このアニメは、「主人公はレイ」の方が良かったと思います。
事実上、そういう終わり方だ・・・。
まあ、なるべく穏やかに感想行きましょう。(^^ゞ
今回の最終話に限って考えると、テーマは「家族」と「明日」なのではないかと思います。





■レイ・ギル・タリアという「家族
レイ「俺は”ラウ・ル・クルーゼ”だ」
戦いの最中、レイの中にクルーゼを感じ、混乱するキラと怒りをあらわにするレイ。
議長「君も”ラウ”だ。それが君の運命なんだよ」
議長「逃れられない物、それは自分」
レイは幼い頃からそう言われ続けて来たのだろう。「違う!」と言いたいのを押し殺して。
キラ「命は何にだって1つだ!・・・その命は君だ!彼じゃない!」
アスランが脱走する時の説得には全く耳を貸さなかったレイだが、キラの説得でこの「呪縛」が解けるのが早すぎる感はありますが(^^ゞ、同じ「作られた存在」としてのキラが言ったと言うのがレイを動かした、と解釈する事にします。(^^ゞ

戦いに概ね決着が付いて、キラは一人崩れ行くメサイアの議長の執務室へ行きます。
(ここで対峙する議長とキラが、ラインハルトとユリアンに見えた)(^^ゞ
レイ「ギル・・・ごめんなさい・・・でも・・・彼も・・・明日は・・・」
私が前に書いた最終回ネタバレ記事の「Oっさん」と言う人が言っていたことは当たりでした。
レイがギルを・・・。
同じ「作られた存在」のキラにも「明日」を、「未来」を与えたかったのか・・・。
裏返しで言うなら、自分も欲しかった、と言うことでしょう。
そして衝撃のセリフ。
タリア「あなたもよくがんばったわ。だから、もういいの・・・」
レイ「お・・・かあさん・・・」

レイのお母さんがタリアだった、というオチではないでしょう。(^^ゞ
レイは幼い頃からデュランダルに親しくしてもらっていた→デュランダルと親しかったタリアとも親しかった→この2人とクルーゼがレイにとって唯一「家族」と思える存在だった、そして最期に自分を受け止めてくれたタリアの中に「母性」を見いだして「おかあさん」という言葉になったのだと思います。
それにしても、タリアさんて良いキャラでしたねえ。包容力があって・・・。「しょうがないわね」といてギルを受け止めるのも、アーサーに「ごめんなさい」と言ってミネルバクルーを託すのも良かった・・・。。・゜・(ノД`)・゜・。

■ステラ「明日ね・・・明日・・・」
アスラン「過去に捕らわれたまま戦うのはやめろ」
     「お前が欲しかったのは本当にそんな力か?」

アスランにそう言われて悩みながら戦うも墜落。ルナの元へ。
気を失ってる間にステラが現れ「昨日をもらったの」と告げる。
この辺の一連のセリフは理解が難しいですが(^^ゞ、結局、シンにとってステラとマユが「昨日」、目覚めた後に一緒にいたルナマリアが「明日」ということなのでしょう。
そのあと号泣のシン。その涙の理由は、「自分が間違った道を取って来たことへの後悔」なのか、「もう過去に捕らわれなくて良くなったことへの解放の喜び」なのか・・・。私にはよく分かりません。(^^ゞ

■プラントの「明日

議長がZAFT軍ごとネオ・ジェネシスを撃ったので、もう議長は亡くなってしまいましたが、議長親派はプラントでは処断される立場になったでしょう。
さて、それでは議長亡き後のプラントはどうなるのか?
私としては、ラクスが先頭に立ってプラントをまとめていくのではないかと想像します。ラクス自身もミーアの件で自分の影響力とか立ち位置が分かったのではないかと思うので、このあとまたオーブに戻って子どもたちとのんびり暮らすということは出来ないのではないかと考えます。
(ただし、ラクスが最高評議会に入るにはカガリと違って「民主的な手続き」が必要かと思いますが、その辺は省略されるのかなと想像します(^^ゞ)
その最高評議会入りする時にアスラン・ザラ、イザーク・ジュール、ディアッカ・エルスマンを従えて堂々と入場したらなかなか壮観かな・・・と。(^^ゞ想像です、あくまで想像。(^^ゞ
その辺が40分のスペシャル映像で入るのかなと思います。
いや~、DESTINY DVD13巻、すごい売れそうな予感。(^^ゞ

その他、つっこみどころ。
・ルナ、無事でした。シンに殺されるというネタが広まっていたのでかなり心配でした。
・虎も生き残りましたね。「イザーク・ジュール?」って、ちゃんと名前覚えてたのね。(^^ゞ
・ネオ=ムウとレイの絡みがなくて残念。
・アスランがネオ=ムウのことを「大佐」って呼んでた。(@_@)
・レイはキラに「お前を作るための”金”のために自分達が生み出されたのだ」と言うんだと思ってたんですけどね。その方が言われたキラは大ショックだっただろうし・・・。
・何でジャスティスとアカツキはシールドを通れるの?詳しい方教えてください。m(_ _)m
・メサイアの周りにあったヤツは「アルテミスの首飾り」だったのね。(^^ゞ
・アークエンジェルとミネルバの背面すれ違いは、最初の方のミネルバvsガーティールーのぎりぎりすれ違い以来の迫力でした。(^^ゞ
・タリアさんの子供はマリューさんと会う日がくるのか?(これが続編の伏線とも噂されている)
・議長執務室シーン(議長が撃たれた後)だけ、平井絵だった?

最後に。
何か無理矢理終わらせた感の残る最終回でしたが(^^ゞ、心配な事は「ジュール隊の明日」ですよ。最後まで生き残ったことはもちろん「グゥレイト!やったぜ!」なのですが、今回は明確に「エターナルを守る」と明言してるし、エターナルにジェネシスが撃たれることも教えちゃってるので、処分は必至なのかなと。
でも、ラクスがプラントのトップに立てば「功績は大」となって昇進か。(^^ゞ
まあ、その辺のイザークとディアッカのその後も「40分」の中に含まれてると良いな~と思ってます。
とにかく、最後まで生き残ってよかったです!グゥレイト!
[PR]
by AppleTeaKobo | 2005-10-01 18:08 | SEED DESTINY

最近はアニメや読書の感想中心になっています。


by AppleTeaKobo