アイシールド21 30話 ~地獄への境界線~

今一番注目しているアニメは、コレと「ブリーチ」ですね。(^^ゞ
息子のクラスでも「フラッグフットボール部」に入ってる人が結構いるんですよ。
やっぱりコレが流行ってるからかなあ。
それにしても、この「アイシールド21」って、男心をくすぐる名セリフが時折出てきますね~。
(って、私は男じゃないけど)(^^ゞ
この投稿もいずれ「好きな言葉」カテゴリー行きかも。(^^ゞ
ヒル魔「死なねぇよ!クリスマスボウルに行くまでは!」
昨日のヒル魔は、いつになく熱い男でしたね~。
(ちょっとロンブー淳に戻ってる気もしたが・・・)
いつもは自分の思いとかめったに口にしないヒル魔だが、昨日はアメフトへの思いを思いっきり叫んでいました。
ヒル魔に関しては、「ヒル魔に見る”リーダーシップ”論」みたいなものも書けそうな気がする。(^^ゞ
それはまた置いといて。(^^ゞ
酒寄溝六「死んでも強くなりてぇヤツだけ、天国行きのチケット破って
一緒に地獄へ着いて来い」
「デスマーチ」と呼ばれる「地獄の特訓」に参加するか否かをメンバーに問うトレーナーののんべえおっさん。
うわー、こりゃまた来ちゃいましたよ~、熱いセリフ。(^^ゞ
男としては、こう言われたらそんな言葉に背を向けて帰ることなんて出来ないですよね~。
それにしても、セナだけじゃなくて雪光くんとかハァハァ3兄弟とかもそれぞれの背景があってアメフトやってるって、何か良い話だ。そんなみんなの気持ちを代弁するようなセリフ↓。
セナ「そうだ、みんなが、本当になりたい自分を求めてアメフトをやっているんだ。僕のやるべきことも、心は一つ。この仲間で特訓して強くなるんだ!
・・・勝ちたい!」

雪光くんも、ハァハァ3兄弟も、勉強が出来る秀才とか、出来損ないのクズとか、周りからの評価を何となく受け流して来たけど、「本当にそれでいいのか?」という自問自答から「本当になりたい自分」を見つけようとしてセナたちと一緒にアメフトをやっている。
中高生の頃って、こんな感じだよね。青春だな~。(^^ゞ
セナも含めて彼らはどうやって「本当になりたい自分」を見つけて行くんだろう。
結構うちの息子と被せて見てるところもあります。(^^ゞ

どうでもいい追加。(^^ゞ
カミセンの歌うOP曲が、結構気に入ってたりしてます。(^^ゞ
[PR]
by AppleTeaKobo | 2005-10-27 09:20 | アニメ・マンガ