女性閣僚は是非着物を

<内閣改造>外相に麻生氏、金融・経済財政担当相に与謝野氏 (Excite エキサイト : 政治ニュース)
第3次小泉改造内閣が発足 後継候補を要所配置 (Excite エキサイト : 政治ニュース)

昨日夕方から何となくずっと見てしまいました。
いや~、さすがに「片山さつき財務大臣」は無かったですね。(^^ゞ
あったら面白いかな~なんて思ってたんで。
さすがにコレは、政界からも官界からも風当たりが強すぎか。(^^ゞ

それにしても、「麻垣康三」って言われてましたが、「」が入らずに「」が入りましたね。
麻垣平三」の方がしっくりくるな。(^^ゞ
(どうでもいいことですが、「麻垣康三」と聞いて「三角大福」を思い出したんですが、若い人とか知らないでしょうね。うちの息子も知らなかったし)

新閣僚の記者会見も見ましたよ。どうせなら、各社の報道番組で見るより、自分で直接見た方がその人の人柄とかがフィルター無しで捉えられるかなと思って。
麻生外務大臣が一番「記者会見慣れ」してるように見えました。「ポスト小泉」を目指すことを明言されてましたね。
猪口大臣は終始ニコニコ、選ばれたことを素直に喜んでるのが見て取れました。記者会見も「そういう質問は考えてなかった」とか率直に答えてるし。
この方、実はもっとクールなイメージがあったんですが、衆議院初登院の時に涙を見せられた姿とか、今日の姿とか見て、「一生懸命がんばりたい」という熱い思いが伝わってくる感じがしました。
それにしても、記者会見は時間が押しちゃって、最後の方の人はあまり質問受けずに終わった感があって残念。(麻生さんは結構長かったのに)
出来れば小坂文部科学大臣には「ゆとり教育の見直しの是非」と「小学校での英語教育の義務化の是非」について記者さんから質問して欲しかったです。

最後に。
いつから女性閣僚は皇居での認証式に「ドレス」で行くのが恒例になったんでしょう。
日本女性としては是非、「五つ紋付きの色留袖」で参内して頂きたいと思います。
[PR]
by AppleTeaKobo | 2005-11-01 09:24 | 日記