BLEACH 21巻

BLEACH 21 (21)
久保 帯人 / 集英社





昨日、順位戦の中継を見る合間に、本屋に買いに走りましたよ。
一護がソウルソサエティから戻るのと現世で新学期が始まるあたりまではテレビでやったので知ってましたが、一護が「俺にほんとのことを言わなかったのは、言えば俺がビビッて逃げるとでも思ったからか?」と浦原に聞いた時浦原が「当たりっス」って言ったのはたぶんウソだよね。浦原は一護が虚化することを知っていた、だから一護が藍染の仲間になってしまうと困ると思ったからか?良く分からないけど、今後の展開も含めて浦原の手のひらの上でころがされてるような気がする・・・。
あと、何であの字で「ヒラコシンジ」って読むの?
それに、一護のパパって何であの格好してるの?「真血」って何?
それより、あの「仮面の軍勢・ヴァイザード」っていう平子と「破面・アランカル」っていう虚っぽいヤツって、別の物のような気がするんですが、当たってる?
一護&ソウルソサエティ組vs平子ほか「ヴァイザード」vs「破面アランカル」の3つ巴の戦いになるような予感がするんですが・・・合ってる?(^^ゞ
まあ、いいや、そのうち読んでればわかるし。
次巻も楽しみにしています。

どうでもいい追加。(^^ゞ
キャラの黒服・黒サングラス絵、日番谷だけ似合ってないですよね・・・。(^^ゞ
[PR]
by AppleTeaKobo | 2006-03-04 20:01 | アニメ・マンガ