∀ガンダム

先日も書きましたが、ゴールデンウィークにやっていた「ターンAガンダムⅠ・地球光」「Ⅱ・月光蝶」を見ました。
何でこんな良い作品が話題にならないんですかね。そう思いません?

黒歴史は封印されるべき物。
それを発掘すると、その力を我が物にしようとする者が現れる。

作品としては、他のガンダム作品とは趣向の違う、穏やかな色調の作品ですね。
「宮崎アニメ」とは違いますが、「宮崎アニメ」っぽいものを感じます。
背景がきれい。「月光蝶」も美しかった。(やってることはとんでもないことですが)

ストーリーは前にも書いたとおりつまみ食い程度にしか知らなかったので、ディアナの過去にロマンスがあったエピソードは知らなかったのですが(この作品ではカットされています)、こちらのサイトのおかげで知る事が出来ました。
他のサイトでは、最終回で「ロランはキエル(ディアナ)と結婚して暮らす」とあったりしますが、私は先ほどのサイトの解釈の通りなのではないかと思います。

それにしても、一番かわいそうなのは「ソシエ」だと思うんです。父を亡くし、ギャバンを亡くし、ロランもいなくなってしまう。そのような「失うだけの戦争」から新しく立ち上がるために、ロランの金魚を河へ投げたのではないか。そんなソシエが気の毒でならなかったのですが、ストーリーは大団円みたくなってますが、実際の「戦争」というものによって生み出されるのはそのような「失うだけの人々」で、そのような「人物」を描くことによって「反戦」を表しているのではないか、とも思いました。

「核に敵も味方も無い」。
北朝鮮とかイランの人達も見たらいいのに。
[PR]
by AppleTeaKobo | 2006-05-10 11:54 | アニメ・マンガ

最近はアニメや読書の感想中心になっています。


by AppleTeaKobo