ETV特集ー爆笑問題ー東大ー教養

NHKのETV特集 第144回「爆笑問題×東大 ~東大の教養 決定版~」を見た。

どこかで「最近は”教養”がないがしろにされている」みたいなことを見聞きしたが、確かに学校などでも受験や大学合格に直結することを優先にしているような学校が多く、人々の多くも大学進学率や東大合格率が学校選択の基準となってしまっているように思う。そんな凝り固まった頭にガーンとくる放送でした。

「教養」とは何か。

「教養」とは、現実と乖離してる「専門性」を現実に引き戻す力。
「教養」とは、「感動から生まれるもの」。
「教養」とは、「伝えたくてしかたないもの」。

要するに、自分が気になる、知りたい、調べたいと思って接する情報を自分の中に取り込むこと。
ピカソに感動し、立川談志が素晴らしいと思い、西田幾多郎に共感する「爆笑問題」の太田光。
ピカソも談志も哲学も「お笑い芸人」の太田にとって「かかわりの無い事」のように思われるが、「俺が知りたいと思う」から学ぶという。
そんな姿勢に感動した。

この番組、再放送だったらしいですが、前の放送を見てなかったので初見。すごく面白かった。DVDとかにならないかな。
[PR]
by AppleTeaKobo | 2006-07-09 00:12 | 日記