受験生は楽になる?(^^ゞ

<太陽系惑星>冥王星除外…9→8に 天文学連合定義案修正 (Excite エキサイト : 社会ニュース)

ここのところ、惑星の数が増えるの減るのと論議が活発に行われているようですが、結局、冥王星が惑星の定義からはずされるようですね。それにしても「圧倒的に大きい天体」って、科学っぽくない定義ですね。(^^ゞ

冥王星 -Wikipedia

今朝の「ズームインスーパー」で辛坊さんが言っていたのですが、他の惑星はヨーロッパ人が発見したものばかりで、冥王星だけがアメリカ人が発見した惑星だったようなのですが、当時はそれでものすごく盛り上がってお祭騒ぎになってたらしいです。今も惑星からはずすことにアメリカが反対しているらしい・・・。
また、ディズニーの「プルート」はちょうどこのころ作られたキャラクターのようで、そこから「プルート」という名前をつけたようです。
「プルトニウム」の名前も冥王星の「プルート」から来てるらしい。
ホルスト作曲の「惑星」は最後の曲が「海王星」なんですが、それはホルストが作曲した当時はまだ冥王星が発見されていなかったからなのですが、結局、この通りで正しいと言う事になるんですね。
教科書も来年から変わるかもしれないとのことで、教科書会社の人も心配してるようです。(教科書では「めい王星」って書いてあるの?)

冥王星って、月の質量の7割ぐらいなんですってね。それでも「イゼルローン要塞」よりは全然大きいな。(^^ゞ
[PR]
by AppleTeaKobo | 2006-08-24 17:36 | 日記