冥王星が太陽系にあることに変わりは無い

<太陽系惑星>冥王星を除外 賛成多数で最終案採択 IAU (Excite エキサイト : 社会ニュース)

結局、冥王星をはずすことで決着したようですね。
昨日はアメリカが反対してると書きましたが、強硬な反対ではなかったらしく、また多数決も数を数えるまでも無い「圧倒的多数」で可決されたと、テレビで聞きました。

でも↑のリンク先の下の方で「宇宙戦艦ヤマト」の作者でもある松本零士氏が、「冥王星こそが太陽系の果てで、そこを離れることが太陽系から外宇宙に旅立つことだと描いてきた」とおっしゃっていらっしゃいますが、まさにその通りで、冥王星がなくなるわけではなく、「惑星」という定義からはずれるだけで、「冥王星はこれからも太陽系の一族だ」と言うのはまさに同意ですね。
私としては「惑星」とは大きさとかよりも太陽の周りを公転していることが一番大事な条件だと思っていたので、惑星を増やす案でも良いと思っていたのですが。

ああ、「ヤマト」で冥王星を離れる時の不安って言うのは大きかったなあ・・・。
[PR]
by AppleTeaKobo | 2006-08-25 08:53 | 日記

最近はアニメや読書の感想中心になっています。


by AppleTeaKobo