コードギアス 反逆のルルーシュ 第3話

ルルーシュのお母さんは陰謀によって殺されたんですね。関わっていると言われた第2皇子と第2皇女は後で出てくるんでしょうか。

舞台は平穏なブリタニアの学校。
1話での鬼のようなルルーシュとはまた違った一面が見られました。
穏やかな学園で仲の良い友達に囲まれてそれなりに幸せに暮らしていた。しかし、「ギアス」の力を手に入れて、彼はこのあとどう変わっていくんでしょう。(-_-)
それに、1話でテロリスト達と行動していたカレンは同級生だったんですね。それにブリタニア人と日本人のハーフらしい。テロリストのカレンと学園のカレンの演じ分けも良かった。
ルルーシュには「ナナリー」という妹がいるんですね。悲しい事に目と足が不自由。
でも「お前にだけは嘘はつかない」と、ルルーシュが真に心を開ける相手はナナリーだけなのかも。

1話でクロヴィスから停戦命令を出させた後、殺しちゃったんですね。(-_-;)
そういう「意にそぐわない者はためらわず排除する」という思想は好きではないのですが、「ルルーシュ」という個性を表すのに必要な表現方法だったんでしょうか。(-_-;)
この件は「スザクが犯人」となってしまい、次回へつながるようです。

その他、つっこみどころ。
・シャワーシーン、好きだね、サンライズ。
・ルルーシュが吐き気をもよおすシーン、銀英伝のヒルダが妊娠に気づくシーンと絵の割り振り方が似てたような・・・。


尚、現在トラックバックは「エキサイトブログユーザーのみ」とさせていただいておりますので、それ以外の方はコメントの方へお願いします。
[PR]
by AppleTeaKobo | 2006-10-22 19:16 | アニメ・マンガ