コードギアス 反逆のルルーシュ 第5話

「誰かがこの連鎖を断ち切らなければならない」

結局、ルルーシュとスザクの根底に流れているものは同じ考えなんですよね。
それに至る方法が・・・。



いきなり砂漠で、どこですか?って感じだったんですが。(^^ゞ
そして、クロヴィスが言っていた第2皇女コーネリア登場。ずいぶん男っぽい感じ。

C.C.が生きていた!先週、ナナリーの所へ現れて何をするのかと思ったら、お友達っぽい雰囲気に。帰ってきたルルーシュが驚くと、ルルーシュとは「将来を約束した関係」だと告げる。ルルーシュもナナリーにショックを与えまいと必死に否定。結局、C.C.はルルーシュの元に居座ることになり、学校にも姿を現す。(ルルーシュの監視?)

ジェレミア卿はスザクを取り逃がした時に言われた「オレンジ」が疑惑の元になり、純血派から疎まれる存在に。これもルルーシュの思い通りか。
スザクは正式な裁判の後正式に釈放されるが、いきなり「ユフィ」と名乗る少女と出会う。
ユフィ、下にスザクがいなかったらどうなってたことか。(^^ゞ
何故かユフィがイレブンの住処であった新宿に行きたいというので、スザクが案内することに。
そこでいきなり純血派の内ゲバ開始。やられまくりのジェレミアをスザクがランスロットで助ける。その際、ユフィが「第3皇女ユーフェミア・ディ・ブリタニア」であることを明かし、戦闘をやめさせる。

スザクはジェレミアを助けた功績なのか、ルルーシュ達のいるブリタニア人の学校・アッシュフォード学園に転校して来る。
までが今週の話。


それにしても、スザクはイレブンからもブリタニア人からも理解されなくて気の毒。
それでも、ブリタニアを内部から変えていこうとする姿勢は変わらないようだ。
「誰かがこの連鎖を断ち切らなければならない」ールルーシュは「誰かが勝てば良い」という結論を既に持っているが、スザクはまだ結論までは見出していない様子。結論に至る過程が大事と思っているから、その過程を経て得られた結論がスザクの「結論」なのだろう。
[PR]
by AppleTeaKobo | 2006-11-04 08:46 | アニメ・マンガ

最近はアニメや読書の感想中心になっています。


by AppleTeaKobo