人の「死」を悼む心はどこへ行ったのか

<死亡児ネット掲載>出元不明の悲惨事故写真も 小学校教諭 (Excite エキサイト : 社会ニュース)

またしても腹立たしい事実が発覚しました。
今回の件は「マニア」の間では有名だったみたいですね。
それにしても、「遺体」ってそんなに見たいですか?見せたいですか?
掲載する人もする人ですが、そういう写真を提供する人も理解しがたいです。
核家族化で、そういう「人の死」に遭遇する場面が少なくなって来てるんでしょうね。

↑の記事では実名で報道されていますが、HP作ってた張本人は雲隠れだそうですね。
実家へ取材に行った時の映像をズームインスーパーでやってましたが、お母さんらしき人が、
「もう勘当しましたので、ここへは戻ってきませんので、取材は遠慮したい」
と言ってました。これもおかしいでしょ?
もう33歳だから「保護者」と言うものではありませんが、自分の子がそんな事件を起こしたんだったら、押さえつけてでも自分の所へ置いておいて、警察へ連れて行くなり、遺族に謝りに行かせるなりするのが普通なんじゃないかと思うんですが。
こんなんじゃ親御さんも「かくまってる」と思われても仕方ないと思いますよ。

確かに異常な事件であるとは思いますが、もう一つ気になるのは「過熱報道」です。
朝からそんなに何度も聞きたくないし、あまりしょっちゅう報道で伝えてると、こういう「異常」な事件が「異常」と思えなくなってくる、「日常化」してると錯覚させてしまう物があると思うんですよ。報道関係の方にもちょっと考えて頂きたいと思います。
[PR]
by AppleTeaKobo | 2006-12-05 07:28 | 日記

最近はアニメや読書の感想中心になっています。


by AppleTeaKobo