終業式

息子の学校は今日終業式でした。期末試験終わって以来、久しぶりに行く学校でしたが、当然の如く、期末試験の結果が戻されるわけで、2学期の成績表も持って返って来ましたが・・・ガーン!!!何なの?この点数は?話が全然違うじゃない!誰よ、代数は満点かもなんて言っていた人!英語だけは普段からうるさく言っているので一応90点以上はキープできたがそれ以外、どの答案用紙見てもガーン!ガーン!ガーン!の連続で母はちとショックです・・・。(-_-)
思わず声を荒げて怒鳴ってしまいそうでしたが、先日コーラスで高校生のお母さんから聞いた話(中1の頃からガンガン勉強させられて来た子より、自分で自覚して勉強やり始める子の方が伸びると言う話)を思い出してそこはぐっとこらえて「ア・アンタ・・・、これ・・・大丈夫なの?」と言うに留めました。よくよく話を聞くと、授業でやってる事がわからないわけじゃなくて、ついうっかり間違い見たいなので10点くらい損してるだけと言う。とりあえず、授業がわからないわけじゃないみたいだからホッとするが、ちょっと3学期はどうにかしてもらわないと。
まあ、人間向き不向きがあるもので、すべてにおいてパーフェクトであるのは難しいと思うし、自分も経験があるが、先生との相性とかもあるかもしれないので成績については必要以上にとやかく言わないようにしようと思っている。本人も2学期の成績見て1学期と比べて「下がってるものばっかりだな」と気が付いてはいるので、3学期にはもう少し頑張って欲しいと思う。
[PR]
by AppleTeaKobo | 2004-12-20 08:57 | 日記 | Comments(0)