日記

c0039661_1452848.gif今年になってから息子が日記を始めたのだが・・・続かない。
1週間連続で書いたことがない。大体週2~3回位。
それも私が「日記書いたら?」と言うと面倒くさそうに書く。
(こちらも反発買わないように、穏やかに言っているつもりなのだが)
こんな息子を見ていると、あの寝屋川市で先生刺しちゃった少年が、昨年秋ごろから欠かさず日記をつけていたと言うのは、ある種の「才能」というか、伸ばしてあげるべき能力だったのでは、と残念に思う。
たぶん周りはそんなこと気が付かなかったんだろうなあ。
その子の「長所」とか「個性」とかって、そんなささやかな所に現れたりするもので、見逃されてしまうこともあるのでしょう。
以前も似たようなことを思ったことがあります。
男の子3兄弟の末っ子とうちの息子が同級生で、その子が将棋に興味を持っているようだったので、うちと一緒にお教室に習いに行く事をすすめたら、「上の二人には何もしてやらなかったから、この子だけ何かさせることはできない」といって断られてしまった。その子、普段はヤンチャでイタズラ好きっぽい子だったんだけど、息子と将棋盤に向かってる時だけは黙って盤面見て考えてる子だったんです。これは伸ばしてあげたい!と思ったんですがね~。兄弟って難しいんですね。
[PR]
by AppleTeaKobo | 2005-03-01 07:48 | 日記