星雲賞に、図書館戦争・電脳コイル・初音ミクなど

第39回星雲賞長編部門 図書館戦争 電脳コイル、20世紀少年も受賞
【第39回星雲賞受賞作品】
日本長篇部門: 『図書館戦争』シリーズ (有川浩)
日本短篇部門: 『沈黙のフライバイ』 (野尻抱介)
海外長篇部門: 『輝くもの天より墜ち』 (ジェイムズ・ティプトリー・Jr.)
海外短篇部門: 『ウェザー』 (アレステア・レナルズ)
メディア部門: 『電脳コイル』 (磯光雄監督/電脳コイル製作委員会)
コミック部門: 『20世紀少年』、『21世紀少年』 (浦沢直樹・長崎尚志)
アート部門: 加藤直之
ノンフィクション部門: 『星新一 一〇〇一話をつくった人』 (最相葉月)
自由部門: 初音ミク (クリプトン・フューチャーメディア)
特別賞: 野田宏一郎(野田昌宏)

「図書館戦争」ってSFだったんですかw
「電脳コイル」やったー!記念に再放送あるよねw
「初音ミク」は39回だからじゃないですよねw
加藤直之氏の評価には、銀英伝でのメカデザインも入ってるよね。

ノミネート作品には自由部門に「かぐや」とかもあったんですね。「フルーツバスケット」は完結したのでノミネートされたのでしょうか。
[PR]
by AppleTeaKobo | 2008-08-25 21:05 | アニメ・マンガ