2007年 05月 06日 ( 1 )

地球へ・・・第5話

他ブログさんをいろいろ見てみると、今回のストーリーは原作にはないオリジナルだそうですね。でも、「セキ・レイ・シロエ」は後のストーリーに出てくる人物だとか。もしかしてOPでキースたちと一緒にいるグループの中にいる?

ミュウの母船「シャングリラ」に戻ったジョミー。思念のコントロールの訓練を受けたりしているが、衣装からして他の一般乗組員とは違う存在として船にいるようですね。これもソルジャー・ブルーが彼を「後継者」に指名したためか。
ジョミーは思念の導くままに行くと、そこにミュウの力を持つと思われるシロエ少年を発見する。自分やブルーのような思いをさせたくないと思い、一緒に行こうと誘うが断られる。ちょっと前の自分を見ているようだったかな?結局、船が攻撃されて戻らざるを得ず、シロエを救うことが出来なかった。ソルジャー・ブルーに自分の力の無さを嘆くジョミーだが、「自分を信じる所から始めよ」とブルーに励まされる。また、「事の善し悪しは全てが終わってみなければ分からない」というソルジャー・ブルーの言葉から、このシロエを残してきたことが今後のストーリーにどう影響してくるのか。(ちなみに私は原作の展開を知らないので、この先のネタバレは教えないで下さい(^^ゞ)
そして「シャングリラ」はワープで惑星を脱出。ワープの仕方が一瞬「ツバサ・クロニクル」かと思った(^^ゞ

ところで、今回のストーリーがオリジナルならば、あの「サイオントレーサー」っていう竹トンボみたいなメカとか衛星軌道兵器も原作には無いものなのかな?

次回予告に「もう1人の主人公」と言われるキース登場。そして、ジョミーのかつての親友も。
オールドファンはいつ死ぬかと毎回覚悟していると思われるソルジャー・ブルーですが、もしかしてもう少し死なないで引っ張るのか?

それから、ED曲の「Love is...」はとても良い曲ですね。各国の言葉でカバーしてくれると良いな。


どうでも良い追記。何で原作を知らないのか思い出した。
あの頃、SFアニメは「宇宙戦艦ヤマト」を見て満足しちゃったんですよね。何かアレ以外の宇宙を見たくないような・・・そんな気分で見なかったんだったと思います。結果、20年以上経った現在、アニメを楽しめています。やはり「事の善し悪しは全てが終わってみなければ分からない」ですね。(^^ゞ
ちなみに、私にとっての「ヤマト」は、白色彗星に突撃して自爆する映画で終わってます。それ以降のヤマトは知らない。
[PR]
by AppleTeaKobo | 2007-05-06 16:50 | アニメ・マンガ

最近はアニメや読書の感想中心になっています。


by AppleTeaKobo