<   2005年 02月 ( 62 )   > この月の画像一覧

(またもや某所からコピペ。)

▽フジテレビ  持ち駒 金 銀 桂 香 歩
┌──┬──┬──┬──┬──┬──┬──┬──┬──┐
│__│__│__│▽歩│__│__│▽銀│▽桂│▽玉│最終手は
├──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┤★☆で表記
│__│▲龍│__│__│▲と│__│▽金│▽銀│▽香│
├──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┤
│__│__│__│__│▽歩│▽歩│▽歩│▽歩│▽歩│ ├──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┤
│__│__│__│__│__│__│__│★桂│__│
├──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┤
│__│__│__│__│__│▲馬│__│__│__│
├──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┤
│__│__│__│__│▲角│▲歩│▲歩│__│▲歩│
├──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┤
│__│__│__│__│▲歩│__│▲金│▲歩│__│
├──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┤
│__│__│__│▽龍│__│__│▲銀│__│▲王│
├──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┤
│__│__│__│__│__│▽と│▽銀│▲桂│▲香│
└──┴──┴──┴──┴──┴──┴──┴──┴──┘
▲ほりえもん  持ち駒 香 歩 歩




(以下息子の解説。第1感は△2五桂。▲2四桂は同歩と取らなければ何も起こらないから、先手玉に必至かければ勝ち。△3八龍は▲同金で詰まない。△3四銀は悪くはないが、そんなことしなくても△2五桂で必至なんだからそっちの方が良い。)

(以上、カッコ内以外は某所からのコピペでした)
[PR]
by AppleTeaKobo | 2005-02-28 19:35 | 将棋
ご紹介するのが遅くなってしまいましたが、日本経済新聞の毎週金曜日の夕刊、「タウンビート」という面の「プロムナード」というコラムを、作家の大崎善生氏が担当されていらっしゃいます。
大崎さんはかつて日本将棋連盟の職員をなさっていて、「将棋世界」の編集長さんもされていらっしゃった方です。
著書はすでにいくつも有名になった物がありますが、その中でもライフログにも載せていますが「聖の青春」と「将棋の子」は是非とも多くの方に読んで頂きたいと思っている本です。
「聖の青春」は若くして亡くなった棋士・村山聖の人生をつづった本、「将棋の子」は「奨励会」というプロを目指す人達の人生をつづった本で、どちらも読み応えがあります。
そんな将棋界にお詳しい大崎さんが、先日の26日の夕刊コラムで「開放を迫られる将棋界」と題して、「瀬川さんのプロ入り希望問題」について取り上げていらっしゃいます。
「将棋の子」で「奨励会」の厳しさを書かれた大崎さんならではの文章だと思います。ちょっと前の紙面になってしまったので、図書館などに置いてある新聞などでお読みいただければと思います。
また金曜夕刊のコラムもしばらく続くようなので、毎週楽しみにしたいと思います。
[PR]
by AppleTeaKobo | 2005-02-28 15:34 | 将棋

米長永世棋聖がコメント

c0039661_8332978.gif米長邦雄ホームページ

ご自身のHPの「将棋の話」という項目の中で、今回の瀬川さんのプロ入り希望問題について取り上げていらっしゃいます。
米長邦雄永世棋聖といえば将棋界の重鎮、現在は東京都教育委員もなさっていて将棋の普及にご尽力して下さり、いろんな方面に影響力のある方です。その米長先生が今回のことにコメントしてくださるのは大変ありがたいと思います。まだ、ご自身のご意見を直接書かれる所まではありませんが、今は情報収集の段階と言うことなのでしょうか。いずれ米長先生のご意見が伺えるのではないかと思います。
[PR]
by AppleTeaKobo | 2005-02-28 10:07 | 将棋
c0039661_882155.jpg今まで「受験生母の会」として母だけ集まってランチなどしていた会でしたが、受験も終わり、みんな合格を掴むことが出来たので、「お疲れ様会」を浅草のすき焼きの老舗、「ちんや」で行いました。
去年はうちの息子の合格祝いを同じちんやでやって頂いたのですが、私は自分のオケの本番の日と重なってしまい、すき焼きが食べられませんでした。(-_-)今回は「去年の分も食べるぞー!」と気合入れて行き(^^ゞ、しーっかり食べてきました。

c0039661_884851.jpgホントに美味しいんですよ、ここのお肉は・・・。
是非浅草へお越しの際は、食べてみて欲しい逸品だと思います。
会の内容はもう受験を逸脱して(^^ゞ、先日行われた同期男性の嫁さん披露一時帰国会の話やら、某ヒロコ先輩のジム体験の話やら、散々大笑いさせていただきました。
ああ、楽しかった。c0039661_8332978.gif
[PR]
by AppleTeaKobo | 2005-02-28 08:51 | 日記
c0039661_8332978.gif機動戦士ガンダムSEED DESTINY(1) 怒れる瞳
矢立 肇 富野 由悠季 後藤 リウ / 角川書店

発売されたばかりの後藤リウ著の種運命小説第1巻を買いました~。
これ、ディアッカ好きの方は買いですよ!!!

まず、キャラクター紹介のページ。「ザフト」の分類にディアッカ絵入り紹介あり。絵は電ホかHJかに出てた、軍服の前を緩めた絵の顔の部分。あの設定画はこれ用だったのか。この絵だけでも買い。(^^ゞ

落下するユニウスセブンへ向かう途中のボルテールでの会話。テレビでのセリフ以上の会話&心情表現あり!更にイザーク&ディアッカの挿絵あり。種の時の小説の挿絵を描かれていた方と違う方が今回描かれたようで、絵は本編に近い感じ。買いです。(^^ゞ

MS乗って隊を率いて出撃するディアッカ。本編では黙って出撃する絵しかありませんでしたが、セリフあり!またミリアリアへの想いをつづる文もあり!またジンから攻撃されている最中にもミリちゃんへの想いが!買いだ!

アスランが現れて3人で戦う場面は本編と同じセリフ。「アスラン?」と「やれやれ」のセリフについての少し心情表現あり。買い。

地球軍の宣戦布告で開戦となる頃は、出撃前あたりから核攻撃を受けるあたりまでで、本編のセリフ以上の会話あり。(ハイネについての言及もあり)これは買いでしょう。

墓参りについては本編と同じセリフ。多少心情表現などあり。さらにアスラン・イザーク・ディアッカでの墓をバックにした挿絵あり。買い。

とにかく、本編以上に丁寧に描かれていることは間違いないです。後藤リウさんは種の小説でもディアッカについては丁寧に書いてくださっていたのですが、もしかしてディアッカファン?
どんな風に書かれているかは、実際に本を手にとって見てみて下さい。
[PR]
by AppleTeaKobo | 2005-02-27 18:08 | SEED DESTINY
c0039661_8332978.gif昨日書ききれなかったことをいくつか補足。
話の中にいくつかウソかホントかわからないネタバレが入っているので
ご注意下さい。

■連合3人
柵の外からファントムペインのパイロット3人が、ミーアのコンサート会場を見ている。
柵の外はZAFTに良い感情を持っていない感じの人々が、硬い表情で同じくミーアのコンサートを見ていた。・・・でも、この中に刺客が隠れていて、ミーアが狙撃されたりしないのだろうか、とか思ってしまった。ミリアリアがカメラ向けてるのだって結構危ないかも。実際、イラクではテレビカメラかついだ人がロケット砲かついでいるかと勘違いされて銃撃されたし。だからミリアリアはしゃがんで隠れるような感じで撮影していたのかな。
海岸沿いの道を車で走るファントムペインの3人。コンサートには全く無関心だったステラ、海が見えたとたんに表情をほころばせてうれしそう。う~ん、こういうステラは結構カワイイね。
スティング「ファントムペインに負けは許されねえ」
この言葉から、「ファントムペイン」という組織は地球軍の中でもあまり良く思われてないという立場が伺える。何でだろ?「強化人間」というのは地球軍じゃ「エース級」みたいに見られてないのかな。「勝手にやりやがって」みたいに思われているのかな。以前見たネオ達が地球軍離れるってネタが、ちょっとホントっぽく思えてきた。

■ミーアの歌
何度も「ミーアの歌はもういらない」と書きましたが、正確に言うと、「ミーアがああいうノリで『静かな夜に』を歌うのはもうやらないで欲しい」という事です。そもそも、私はミーアはオリジナルの曲を歌うものと思っていたし、「静かな夜に」はああいうノリで歌う曲ではないと思うからです。ミーアが今後も歌うなら、あのノリに合った新しい歌を歌って欲しい。ちょっと「ミーアいらん」と言い過ぎた気がするので、ミーアファンの方いらしたらゴメンナサイ。m(_ _)m

■アスランをとりまく女性達の争い
「ガンダム」って、こういうストーリーが必要なんですか?過去のガンダムについてはよく知らないのですが、ガンダムに仮面キャラが出てくるように、女性が男性を取り合うっていう話はお決まりなのでしょうか?この作品が「戦争はなぜ起こるのか?なぜなくならないのか?」を描きたいと言う事にこの「アスランの女難」は関係ない気がするんですが。確かにSEEDの人気はアスランやキラなどのキャラ人気に支えられている部分があるとは思いますが、あまり「女難」にストーリーの重点を置かずに、本論を展開していって欲しいと思います。

■月付近のジュール隊(←脳内決定!)(^^ゞ
あのあたりにジュール隊がいるとしたら、以前見た「アークエンジェルが宇宙へあがって、たまたまその付近にいたジュール隊に匿われる。議長はキラ達のことをイザークに問うが、偽ラクスを持ち出したりする議長に不審を感じていたイザークはキラ達を議長に渡さず、そのままジュール隊ごとZAFTを離れる。そのことにイザークは悩む。」というネタバレがちょっとホントっぽく思えてきた♪
先ごろよく目にする「議長の本性を知って拘束されたミリアリアを助けて、イザーク・ディアッカがアークエンジェルに合流」というネタバレは、ジュール隊が地上に降りてなさそうなので、ちょっと難しくなったか。
(どうやら議長の護衛はハイネらしい。議長とミネルバクルーが話している時、彼らがテーブルについてお茶飲みながら話をしていたのに対し、ハイネは立ったまま聞いていた)
既に明らかになっているこの先のストーリー展開からしても、ジュール隊の出る余地はなさそうだし、また宇宙へあがってから話にからんでくるのかな、と思っています。
[PR]
by AppleTeaKobo | 2005-02-27 10:48 | SEED DESTINY

種運命19話

今回はBパートがメインのお話だったですね。

■デュランダル「戦わない道を選ぶと言う事は、戦うと決めるよりはるかに難しいものさ」に対する答え
シン「敵の脅威があるときはしかたありません。戦うべき時には戦わないと。何一つ、自分達すら守れません」
これが今のシンの「戦う信念」なのでしょう。と言う事は、シンは「敵」がいなくならない限り戦い続けると言う事なのか?
一方、アスランの言葉。以前カガリから言われた「殺されたから殺して~」に続いて、
アスラン「私はその時答えることができませんでした。今もまだその答えを見つけられないまま、また戦場にいます」
これが今のアスランの素直な心情なのでしょう。答えを見つけられない間、議長に利用されるのか。

■デュランダル「なぜ我々はこうまで戦い続けるのか」に対する答え
シン「いつの時代も身勝手でバカな連中がいて・・・。ブルーコスモスや大西洋連邦のように」
ある意味お手本的な答えかなと思った。単純にナチュラルはコーディネイターの敵であると教わるのではなく、プラントの敵はブルーコスモスとそれに追随する地球軍、プラント軍人はこう聞かれたらこう答えるみたいに教わってるような気がする。

■デュランダル「もっとどうしようもない、救いようもない一面もあるのだよ、戦争には」
戦争でMSやミサイルが破壊される
        ↓
工場で新しいMSやミサイルを作って戦場に送る
        ↓
デュランダル「これをただ産業として捉えるのなら、これほど回転が良く、また利益のあがるものはない」
            ↑
デュランダル「人と言う物はそれで儲かるとわかると逆も考える」
デュランダル「戦争が終われば兵器は要らない。それではもうからない。ならば戦争は彼らにとっては是非ともやって欲しい物になるのではないかね」
これがデュランダルがいう「戦争がなくならない理由」。いや、一連のこの流れをデュランダルが起こしてるように思える、と考えるのは考えすぎなのか。ちょっと議長を黒く見すぎか。

■自分達の利益のための戦争をする「ロゴス」、それこそブルーコスモスの母体
デュランダルは何故この時期にミネルバパイロット達に向かって上の一連の論理や「ロゴス」の存在を話すのだろう。まあ、物理的に接触する機会が少ないから会えたチャンスに伝えて(洗脳して?)おこうという作戦なのか。どっちにしろ(おそらくタリアをのぞく)彼らにはこれら一連の話は初めて聞いたことで、かなりガーン!な話だったのではないか。この話を聞いた後、ミネルバパイロット達の戦いは変わるのか?

その他の人々。

■ミリアリア登場!
ミリィちゃん、再び登場!またしゃべらなかったが、しゃべらなくても十分表情で訴えていたよね。あれは明らかにミーアを疑っている。今後どうするのか?!ミリィちゃんガンバレ!

■ルナマリアVSメイリン
さらに激しくなってきましたね~。どっちかがアスランと親しげにしているともう片方がムッツリ。アスラン自身もはっきりした態度を表さないのがさらにもどかしい。

■タリア&レイ
デュランダルのことを「あなた」と呼ぶタリアと「ギル」と呼んで頬を赤く染めて抱きつくレイ。この二人はそれぞれのデュランダルとの関係をお互い知っているように思われる。

■ミーアの歌はもういらん!
オンエア中早送りしたくてうずうずした・・・。
それから、妙な関西弁をつかう人もいらん!ヨップ隊長並みに下手。

■デュランダル&アスラン
アークエンジェルの行方をアスランに尋ねる議長。アスランの言葉にそれがアークエンジェルをかばって隠して言っているのかどうか見定めるような視線。議長が何故アークエンジェルの行方を知りたいかは、本物の「ラクス・クライン」の行方を突き止めるためだろう。先日暗殺に失敗した事はすでに議長に伝わっているはずだから、次の機会を狙っている?

最後に、

■月付近の艦隊
ナスカ級2隻を含む艦隊、あれはきっとジュール隊に違いない!

[PR]
by AppleTeaKobo | 2005-02-26 20:12 | SEED DESTINY

「羽生四冠」再び

c0039661_13372934.gif羽生が棋王奪取、4冠に 将棋の棋王戦第3局

昨日は棋王戦第3局でした。
ネットでの中継もあったので、時々見ていたのですが、羽生先生、強いです・・・。
これの前にあったタイトル戦の王将戦も4連勝のストレート勝ち、
今回も3連勝のストレート勝ち、それ以外の棋戦も含めて現在何連勝中かな?
次のタイトル戦である名人戦も、挑戦者に一番近い位置にいます。
これは3月4日のA級順位戦最終局でおそらく結果が出ると思いますが、
(藤井先生も両方勝ったらどうなるんだっけ?プレーオフ?)
3月4日も見逃せません。
BSで中継もありますので、是非ご覧いただければと思います。
谷川先生、残念でした・・・・。またがんばってください!
それにしても羽生四冠の勢いはどこまで続くんだ・・・。

どうでもいい追加。(^^ゞ
羽生四冠復帰記念に、息子の持っていた、以前四冠だった時代の「一歩千金」の扇子を玄関に飾りました。(^^ゞ
こちらも「復活」。(^^ゞ
[PR]
by AppleTeaKobo | 2005-02-26 10:21 | 将棋

曇りの日に思い出すこと

c0039661_1452848.gif曇りの日に思い出すこと。

学生の頃、2つ上の先輩だったヨシコさんのこと。

昔、ヨシコさんがこんな話をしてくれた。
「東京の冬って毎日スカーンと晴れてて青空広がってるでしょ?
私の田舎(長崎)では冬はね、いつもどんよりとして曇ってるのよね。
だから東京に出てきたばっかりの頃、毎日晴れてて何か変だなーって思った」

ヨシコさんはもうこの世にいない。




曇りの日に思い出すこと。

昔、「東ドイツ」と呼ばれた所へ行った時のこと。

ライプツィヒ、ドレスデン、東ベルリン・・・・どこも町全体が灰色な感じがした。

ライプツィヒにあった「カール・マルクス大学」。
新宿にあるような超高層ビルで、てっぺんが雲に隠れて見えなかった。
(ああ、そういえばここの最上階付近にある喫茶店みたいなところで、
全然甘くないザッハートルテ食べたなあ。砂糖は貴重品なんだってその時実感した)

ドレスデンにあった、何かの労働者の像。
見上げても背景に青空はなかった。

東ベルリンのホテルで向けられた冷たい視線。
「西側の人間」であることを実感した。




曇りの日に思い出すこと。

あんまり良いことないな。
[PR]
by AppleTeaKobo | 2005-02-25 12:40 | 日記

やっと・・・

c0039661_1452848.gifアマ将棋「王者」、プロ志願 「道開くか」連盟熟考

やっと専門紙以外の大手報道機関で、この件について取り上げてもらえました。
(でも朝日が最初とは思わなかったな。朝日は朝日オープンやってるからかな?)
この記事によると、23日に行われた棋士会(棋士総会?)でこの件が話題にされて、理事会での議論を求める意見が複数出て、今後理事会で話し合いが持たれる事になったらしい。
前にも書きましたが、どうか瀬川さんがおじいちゃんになってしまう前に、結論を出して欲しいと思います。

どうでもいい追加。(^^ゞ
この話題が出るたびに引き合いに出される久保利明八段がちょっと気の毒・・・。
[PR]
by AppleTeaKobo | 2005-02-25 08:51 | 将棋

最近はアニメや読書の感想中心になっています。


by AppleTeaKobo