<   2011年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

今年も編み物ボランティア

c0039661_13293928.jpg

昨日「世界の子どもたちに編み物作品を贈ろうプロジェクト」のための毛糸が届きました。
ちょっと明るい色の糸だったので、少しびっくりしました。(笑)
また今年も編み物ボランティアの季節がやってきたなーって感じです。外は35度ですが(笑)
[PR]
by AppleTeaKobo | 2011-08-11 13:29 | 編み物

大槌復興刺し子プロジェクト

大槌復興刺し子プロジェクト http://osp2011.web.fc2.com/


仕事をなくし、家事をする家もなくし、被災地の女性も悶々と過ごす時間が増えてしまい、そんな時、年を取っていても、足が悪くても、がれきを片付ける体力が無くても出来る復興プロジェクトが始まり、被災地の女性たちに生きがいをもたらしているそうです。
同じ手芸をやる者として、この復興プロジェクトが成功してくれることを祈らずにはいられません!

大槌復興刺し子プロジェクトブログ」によると、2010年8月27日[土]〜8月28日[日] 10:00〜17:00 パナソニックセンター東京(りんかい線「国際展示場駅」徒歩2分 ゆりかもめ「有明駅」徒歩3分)での「笑顔のチカラ。みんなで東北応援!」にも出展して、作品の販売が行われるようです。
是非多くの方に見て頂きたいです。
[PR]
by AppleTeaKobo | 2011-08-04 20:46 | 日記

7月の読書メーター

7月の読書メーター
読んだ本の数:13冊
読んだページ数:2126ページ
ナイス数:33ナイス

夏目友人帳 12 (花とゆめCOMICS)夏目友人帳 12 (花とゆめCOMICS)
何で表紙に夏目が二人いるのかと思ったら、そういうことなのね(笑)今回は泣けると言うよりおもしろかった。ちょっと強気で態度デカイ夏目もイイ。3期アニメ1話の原作が収録されている。
読了日:07月06日 著者:緑川 ゆき
GOSICKsIV‐ゴシックエス・冬のサクリファイス‐ (角川文庫)GOSICKsIV‐ゴシックエス・冬のサクリファイス‐ (角川文庫)
短編集。嵐の前の静けさの中、残っていた謎・グレヴィールとジャクリーヌの話、イアンとエバンの話、人形師グラフェンシュタインの話、ブロワ侯爵の右目の話、などをリビング・チェスの大会をやっている傍らでヴィクトリカがアブリルや久条に話して聞かせる。
読了日:07月08日 著者:桜庭 一樹
いつか天魔の黒ウサギ1  900秒の放課後 (富士見ファンタジア文庫)いつか天魔の黒ウサギ1 900秒の放課後 (富士見ファンタジア文庫)
本当はアニメ見てから読もうと思ってたが、登場人物の関係性がわからなかったので読んでみた。学園ラブコメってことで良いんだよね?個人的には大兎より月光の方に興味あるかな(笑)
読了日:07月13日 著者:鏡 貴也
夏目友人帳 厳選集~夏~ 2011年 08月号 [雑誌]夏目友人帳 厳選集~夏~ 2011年 08月号 [雑誌]
単行本は全部持っているが購入。4コマとか意外なものがあったり、小説も良かった。吹奏楽部を知ってる者としては外で楽器吹くって楽器に良くないよとか思ったりしたがw。ニャンコ先生の抱き枕ホスィ。
読了日:07月14日 著者:
バカとテストと召喚獣9.5 (ファミ通文庫)バカとテストと召喚獣9.5 (ファミ通文庫)
短編集。明久たちの入学直後の話が良かったかな。入学式直後からそんなことがw日本にまだ慣れない美波のことや、「坂本君」「木下さん」「土屋君」と呼ぶぎこちなさが初々しい(笑)そして土屋家も4兄妹登場。
読了日:07月17日 著者:井上 堅二
デュラララ!!×3 (電撃文庫)デュラララ!!×3 (電撃文庫)
アニメ補完。罪歌事件後の黄巾族とダラーズと罪歌の三つ巴を中心にいろんな出来事が絡むが、やはりその中心にいるのは臨也である。今回は門田の大人な対応が良いなと思う。動揺する若者のグルグルとした思いを上手く受け止めてる感じがする。
読了日:07月21日 著者:成田 良悟
3月のライオン 6 (ジェッツコミックス)3月のライオン 6 (ジェッツコミックス)
二階堂くん表紙なので、てっきり零くんと二階堂くんの死闘が描かれてるのかと思ったら…。5巻から引き続きひなちゃんのイジメの話題が。でもこんなにひなちゃんやあかりさんのためにと考えて動く零くんは確実に変わりつつある。零くん新人王おめでとうよりそっちをほめてあげたい。そして最後に二階堂くんが…。わかってはいるのだが、もう少しだけ二階堂くんを活躍させてあげてください。
読了日:07月22日 著者:羽海野チカ
おとめ妖怪 ざくろ(6)特装版 (バーズコミックス)おとめ妖怪 ざくろ(6)特装版 (バーズコミックス)
神がかりの里編大団円。激しいやりとりはそれほどなく、想像していたより穏やかな解決となった。もしかして最終回?とか思ってしまったが、7巻以降は新章突入の模様。それと付録のマンガ、笑えたw人間嫌いなアゲマキカワイイ!双子の軍人も良いなw
読了日:07月23日 著者:星野 リリィ
GOSICKVIII下‐ゴシック・神々の黄昏‐ (角川文庫)GOSICKVIII下‐ゴシック・神々の黄昏‐ (角川文庫)
完結編。二度目の嵐が終わり、エピローグまで。ヴィクトリカの体に刻んだ「傷」がこういうことになろうとは。そしてああ良かった…そして久条の口からヴィクトリカへの「あの言葉」が聞けて良かった…。そして影のMVPはグレヴィールであろう。兄貴GJ。そして兄自身も新しい一歩を踏み出す。
読了日:07月24日 著者:桜庭 一樹
LaLa (ララ) 2011年 09月号 [雑誌]LaLa (ララ) 2011年 09月号 [雑誌]
CD目当てに購入。マンガの夏目は単行本が出るまで読まないつもり…だが…。「ラストゲーム」が面白そうだ。
読了日:07月25日 著者:
スカイブルー(1) (ガンガンコミックス)スカイブルー(1) (ガンガンコミックス)
鋼最終回の少年ガンガンで1話読んでガッツリ心つかまれた。王道バトル漫画だったのか。でもなぜか胸キュンする作品。是非アニメ化してほしい作品。アンネから受け取ったお弁当を前に頭抱えるあっぱれ君カワイイ(笑)
読了日:07月28日 著者:小林 大樹
スカイブルー(2) (ガンガンコミックス)スカイブルー(2) (ガンガンコミックス)
アッシュグレー編完結なのか。こうやって一人ずつバトルしてくの?と思ったらいきなりヤバそうなのが複数登場。ルビーレッドもストロベリーも赤ばっかなんですけど。ストロベリーパジャマ魔人ワロタw
読了日:07月28日 著者:小林 大樹
介護されたくないなら粗食はやめなさい ピンピンコロリの栄養学 (講談社プラスアルファ新書)介護されたくないなら粗食はやめなさい ピンピンコロリの栄養学 (講談社プラスアルファ新書)
タイトルからしてインパクト大。シニア世代の栄養の取り方についての新しい提言。シニア世代はたんぱく質をとるべし。
読了日:07月29日 著者:熊谷 修

読書メーター




いくつかは個別に日記でも取り上げましたが、総括で。
「デュラララ!」はちょっと間が開きましたが3巻まで読了。これ、1巻は帝人・2巻は杏里・3巻は正臣が中心になる話で、この3冊でひとくくりですね。アニメもここまでだったし。何でそんなに人気あるかなーという興味本位で読み始めたんですが、確かに面白いかも。ストーリーの展開が、って言うのもあるかもしれないけど、どちらかというとキャラクターがどれもすごーく個性的で、その動かし方が面白いって言うのかな。ハマる感じがわかりました。
それから「GOSICK」が完結しました。1巻はもうだいぶ前、直木賞受賞するよりずっと前に書かれて、出版も「ライトノベル」扱いで出版されてたけど、後半になるにつれて何となく作風が変わって来た気がする。特にリヴァイアサン編以降、すべてのストーリーがいろいろ絡み合うことで重厚さを増したように思います。アニメ化されなかったら完結はまだまだ先だったのかな。物語はどうなってしまうのかと思ったけど、ハッピーエンドでホッとした。
「おとめ妖怪ざくろ」もストーリーが一段落したようですね。何かこれで最終回?とか思わされてしまいましたが、次巻以降新章突入だそうで。この「ざくろ」は絵がきれい。それと、「セリフが書いて無い場面で、絵で見せる展開」が素晴らしいと思う作品です。内容はいろいろ波乱ありましたが、ものすごい暴力的な展開とかなくて(それは雑誌の趣旨によるんでしょうね)安心して読めるマンガです。
「スカイブルー」についてはこちらにも書きましたが、鋼最終回を読むために買った少年ガンガンで新連載が始まった作品で、そこで1話読んでガッツリ心つかまれた作品でした。作者はバトルマンガと言っているようですが、結構キャラクターの内面にも踏み込んで描かれている作品で、今後も期待です。
「夏目」についてはこちらをどうぞ。
[PR]
by AppleTeaKobo | 2011-08-01 11:07 | 日記