<   2012年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

新作

c0039661_1338366.jpg

新作出来た♪自分用アラン模様カーディガン
[PR]
by AppleTeaKobo | 2012-01-30 13:38 | 編み物

モチーフ編んで支援

Think Japan While Knitting

モチーフつなぎのブランケットなどを作って販売し、得た収益を「あしなが育英会」に寄付するという活動が行われていることをFacebookで知りました。
活動は関西中心に行われているようですが、地方の人でもモチーフを編んで送ることは出来るようです。
↑のサイトに編み図も載っています。
[PR]
by AppleTeaKobo | 2012-01-11 13:18 | 編み物

12月の読書メーター

12月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:1822ページ
ナイス数:26ナイス

論語 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス 中国の古典)論語 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス 中国の古典)
中学生が読んでも理解できるように(著者は「孫と向かい合う気持ちで書いた」そうだ)わかりやすい解説と細かい言葉の意味まで書いてある。それでも読み終わるには結構時間かかってしまった。「教養人」と言うのは知識だけでなく道徳を備えていないといけないと言うことが分かった。
読了日:12月08日 著者:加地 伸行
ちはやふる(15) (BE LOVE KC)ちはやふる(15) (BE LOVE KC)
全国大会決勝戦決着。千早やっぱり指を・・・。でもそのおかげで「音」に集中できるようになり、純粋な「音対決」を制する。しかし取られるかるた1枚ごとに戦いが熱い。そんな団体戦を見たクィーンはどう変わるのか。筑波くんも負けて悔しい気持ちが彼を成長させるだろう。太一も強い相手と戦い、一段また成長したよね。最後千早と新の再会も全く甘くなく(笑)、とにかく熱い戦いのマンガである。
読了日:12月13日 著者:末次 由紀
諸葛孔明〈上〉 (中公文庫)諸葛孔明〈上〉 (中公文庫)
三国志の歴史的な流れを横に見ながら、その時々に孔明がどのように過ごしたかを知る本。なぜ兄は江東の孫権の所にいるのかと思っていたが、継母の存在があったことを知った。さらに乱世に置いて「一族の離散を目指す」という考え方はかなり目からうろこだった。徐庶や書生仲間との付き合いや妻との馴れ初めも面白い。上巻は赤壁まで。
読了日:12月16日 著者:陳 舜臣
スカイブルー(4) (ガンガンコミックス)スカイブルー(4) (ガンガンコミックス)
機関の話もあり一気に登場人物が増えた。大けがの天晴くんの出番が少なくてちょっと残念かも。そしてストロベリーは相変わらずパジャマ魔人w
読了日:12月24日 著者:小林 大樹
諸葛孔明〈下〉 (中公文庫)諸葛孔明〈下〉 (中公文庫)
三国志の流れを横目に見ながら孔明の人となりを見る本。「天下三分の計」とはいえ「一強二弱」な現実がよく分かった。結局孔明は悩むこと多しで、心安らかに過ごせる時代は無かったのだろうか。神がかり的な活躍は書かれておらず、すごく人間的に「悩める孔明」が見られた。
読了日:12月28日 著者:陳 舜臣
のうりん (GA文庫)のうりん (GA文庫)
帰省の新幹線に乗って降りるまでに読み終わった。フォントの使い方が面白い。学園ラブコメ・ちょいエロ・パロディなどいろいろ含んでいるが、時折書かれている現代農業に対する真面目な部分が結構心にささる。これからスーパーで卵買う時にはいつもあの部分を思い出すだろう。最後の土の話は林檎ちゃんの心だけでなく、震災で故郷を離れた人の心も癒してほしいなと思う。
読了日:12月30日 著者:白鳥 士郎
バカとテストと召喚獣10 (ファミ通文庫)バカとテストと召喚獣10 (ファミ通文庫)
Aクラスとの再戦始まる。盛り上がったところで意外な手筋が入り、戦いの方向が意外な方向へ向かって次巻へつながる。3年生の思惑とかまだ謎な部分も多いが、リンネくんと日記の件も含めて、次巻で解決するんだろうか。
読了日:12月31日 著者:井上 堅二

2011年12月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

[PR]
by AppleTeaKobo | 2012-01-02 20:46 | 日記

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
[PR]
by AppleTeaKobo | 2012-01-02 20:10 | ご挨拶

最近はアニメや読書の感想中心になっています。


by AppleTeaKobo