<   2012年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

<DOG DAYS'>
勇者はやはりブリーダーだw
1話は顔見せって感じだった。まあ今後も期待。OPは奈々さんの曲。

<ソードアートオンライン>
ネトゲってやったことないからあまり実感ないけど、やってる人にはすごい身近な話題なのかなあ。
主人公の中の人がカンピオーネ!の主人公と同じだった。

<ココロコネクト>
これからもこういう入れ替わりネタが続くの?
学園ものとしてまあ面白そうではあるが、「氷菓」を見た後に見るとやはり少し色あせて見えるなあ。

「SAO」も「ココロコネクト」も「このラノ」でかなり高い評価されてた作品だったけど、1話見た感じでは私的にはあまり心動かされなかったなあ。

<織田信奈の野望>
異端日本史は受け付けない方なのだが、コレは何だか面白いぞw
あの呂律の回らない金朋の蜂須賀がたまらんw
そこそこ史実に沿ってるみたいだし、まあ見るだけ見るかw

<新選組黎明録>
文字通り新選組黎明期のストーリーか。千鶴や鬼たちは出てこないんだよね。
芹沢鴨と新選組の面々、そして新主人公・井吹龍之介がどう振る舞うのか、芹沢の最期はどうなるのか。
一応見るよw
そういえば薄桜鬼劇場版って決まってるんだね。
[PR]
by AppleTeaKobo | 2012-07-13 11:47 | アニメ・マンガ
<人類は衰退しました>
人類が衰退して妖精さんが暮らす地球となりつつある話かな。「文明社会」に対する皮肉っぽいセリフとか、「(人類は)そのうち全滅する」とか、かわいらしい中原麻衣さんのキャラや声で時折結構辛辣なセリフが出るなと思ったり。

<トータル・イクリプス>
ゲーム原作のアニメ?女の子がロボットに乗って戦う話?
でも1話に出て来た女の子達は公式サイトでキャラ紹介されてないんだけど、みんなすぐ退場なのかな?→2話までで主人公の女の子以外みんな退場しちゃったよ、喰われるのがグロイ。
今後視聴続けるか微妙。→2話まででもういいや(^^ゞ

<Tari Tari>
さわやか系学園もの?歌ものなのかな?
そこそこ面白いね、あの微妙に日本を誤解してる帰国子女くんも面白いw

<超訳百人一首 うた恋い。>
いや~現代風にアレンジされた百人一首物語。でも夜見るんじゃなくて録画して昼間見るのは何か恥ずかしいなw
たぶん見ない。

<この中に1人、妹がいる!>
ギャルゲーですね、って感じ。終了。

<貧乏神が!>
ジャンプアニメにしては女の子ばかり出てくる(笑)
そこそこ面白い気もするが、見てて幸福エナジーと不幸エナジーどちらがたまっていくかな?

<恋と選挙とチョコレート>
うーんどういう路線を目指してるのか、何かよくわからない。たぶん見ない。

<もやしもん リターンズ>
相変わらず菌たちがカワイイ!O(≧▽≦)O
これは視聴決定。マリーがキャストに出てるということは、フランス編をやるのかな?

<カンピオーネ!~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~>
実はコレが一番ツボだったwこの手のものにハマるのは伝勇伝以来か?
(実は原作1巻まで読んでしまったwでも原作の始まり方はアニメと違う。アニメ1話は原作3巻?)
引き続き楽しみ(笑)
[PR]
by AppleTeaKobo | 2012-07-09 17:52 | アニメ・マンガ

春アニメ 終わったもの

<これはゾンビですか?オブザデッド>
これはどこまで原作通りだったのか読んでないんでわかりませんが、まあ前回通りな面白さというかくだらなさでしたw

<めだかボックス>
12箱将棋部の話はオリジナルで西尾維新脚本だったらしいですね。
最後風紀委員長との戦いがそれ以前の雰囲気とまるで違うのでハラハラしましたが。
番外編がああいう番組だとは思わなかったw

<這いよれ!ニャル子さん>
今期一番の人気作品?草食男子と肉食女子の話?w
いや~ニャル子かわいかったwあの突き抜けた「真尋愛」も良かったw

<Fate/Zero>
個人的には川でセイバーがエクスカリバー使った時が最高潮だった。
「アンリマユ」については補足説明が必要。あれだけで聖杯がアンリマユに浸食されてたとかわからないし。
切嗣の過去話に2回も使っていかにして今の切嗣が出来たかを表現したのだと思うが、私としてはセイバーとバーサーカー(ランスロット)の話をもう少し詳しくやって欲しかったな。

<坂道のアポロン>
楽器演奏(特にドラム)のリアルさがスゴかった。
ストーリーはまあ良かったと思うよ。(←ストーリーより音楽中心に見てることがバレバレw)

<あっちこっち>
2度目のバレンタインネタで終わりか。
ほんわかアニメで見てホッとする作品。癒された。

<シャイニング・ハーツ~幸せのパン~>
ゲーム原作なんだよね。最初の方のほほんとしたアニメだなあと思ってたけど、後半怒涛のバトル展開にちとびっくりw
解決したんだかどうなんだか、あの石はどうなったのかとか、まああまり細かく考えないことにしておこうw
このアニメを見る度にパンが食べたくなった(笑)
[PR]
by AppleTeaKobo | 2012-07-02 15:40 | アニメ・マンガ

6月の読書メーター

6月の読書メーター
読んだ本の数:12冊
読んだページ数:2357ページ
ナイス数:59ナイス

家庭教師ヒットマンREBORN! 39 (ジャンプコミックス)家庭教師ヒットマンREBORN! 39 (ジャンプコミックス)
風チームとマーモンチームの戦いの結末はあまりに雲雀らしすぎてワロタwしかしとんでもない連中が参戦して来たぞ、そして復讐者の正体って・・・。ハルハルインタビューでのコロネロの告白に萌えた♪
読了日:06月04日 著者:天野 明
ボンゴレGP来る! 1 (ジャンプコミックス)ボンゴレGP来る! 1 (ジャンプコミックス)
読了日:06月06日 著者:高山 としのり
孔明のヨメ。 (1) (まんがタイムコミックス)孔明のヨメ。 (1) (まんがタイムコミックス)
良かった。どこまで史実に沿ってるかわからないが、作者の孔明と月英に対する愛を感じる。均の「北の話は禁句」と言うのは、孔明達が隆中に来るまで苦労しているので実は重い言葉ではないかと思ったり。続きが楽しみです。いつになるのかな。
読了日:06月08日 著者:杜康 潤
ちはやふる(17) (BE LOVE KC)ちはやふる(17) (BE LOVE KC)
今回このマンガのタイトルが「ちはやふる」である理由がわかったような気がした。合宿での桜沢先生のセリフが良かったな。太一全く千早の眼中にないみたいな流れだったが、最後に来たか?それにしても今までほとんどラブの無い少女マンガだったが、富士崎の子達と交わるうちに千早も目覚めるか?w
読了日:06月13日 著者:末次 由紀
真伝勇伝・革命編  堕ちた黒い勇者の伝説7 (富士見ファンタジア文庫)真伝勇伝・革命編 堕ちた黒い勇者の伝説7 (富士見ファンタジア文庫)
うーんなかなか話が進まないな。「革命」を起こしたクラウ・ルークのそれぞれの状況、そして「父親」と対面したシオン。次巻で完結らしい。短編はいつものようにほのぼのとした話なのだが、大伝の話の進み方を思い出すとこのほのぼの感が懐かしく思える。と思っていたら最後の話はそういう終わり方だったし。
読了日:06月22日 著者:鏡 貴也
ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)
シリーズ3作目ながらこれまでの登場人物が交互に出て来る。今回は妹が意外に重要。1冊通して「母親の影」がついてくる感じの内容。また古書業界についても知ることが出来る。それにしても、自分はさほど本についてマニアックではないので視点的には大輔さんに近い物があると思うが、マニアックな人ってすごいなーとか思ったり。
読了日:06月23日 著者:三上延
家庭教師ヒットマンREBORN!隠し弾4 弔いの花は散る (JUMP jBOOKS) (JUMP j BOOKS)家庭教師ヒットマンREBORN!隠し弾4 弔いの花は散る (JUMP jBOOKS) (JUMP j BOOKS)
読了日:06月23日 著者:天野 明,子安 秀明
最遊記RELOAD BLAST 1巻 (ZERO-SUMコミックス)最遊記RELOAD BLAST 1巻 (ZERO-SUMコミックス)
外伝ファンの私はRELOADの内容はあやふやなんだが大丈夫だろうか。ナタク行方不明か。外伝とのつながりも感じられる。相変わらず峰倉先生の美しい絵。これからもお体に気をつけて息長く続いて欲しい。
読了日:06月27日 著者:峰倉 かずや
アクセル・ワールド〈2〉紅の暴風姫 (電撃文庫)アクセル・ワールド〈2〉紅の暴風姫 (電撃文庫)
アニメ待ちきれず読んでしまったwブレインバーストの世界における「親」と「子」の絆について。ハルユキはレベル4になったとはいえ、まだまだ黒雪姫らのキャリアには及ばず、見捨てられることを恐れるが、黒雪姫が求めるのはそうではないことを知る。
読了日:06月27日 著者:川原 礫
愚者のエンドロール (角川文庫)愚者のエンドロール (角川文庫)
アニメの解決篇を待ちきれずに読んでしまったw結局殺人犯の犯人さがしの本ではなかった。「能力のある者」と「無い者」についての辛辣な対比だったように思う。折木は自分の考えが間違っていたことを指摘され(しかも3人別々にジャブを加えてくるw)ても、冷静な立ち直りに高校生離れした落ち着きを感じる。それにしても折木姉は毎度ラスボスっぽいなw
読了日:06月29日 著者:米澤 穂信
俺、ツインテールになります。 (ガガガ文庫)俺、ツインテールになります。 (ガガガ文庫)
1冊を通してそこかしこに「ちょwwwおまwww」という箇所多数(笑)おそらく一番変態なのは主人公の母だと思う(笑)「好き」と言う気持ちがエネルギーになると言うのはまどマギっぽくもあるが、ストーリー展開に意外な裏があったり、何だかんだしつつも総二と愛香とトゥアールの友情は深まって良かった。深まったんだよねw?最後ドラグギルディとの戦いはどことなく時代劇っぽさも感じる。畑先生のおっしゃるようにアニメ化向きな作品かも。
読了日:06月30日 著者:水沢 夢
残念、ここは世界の裏側です。 1 (MFコミックス ジーンシリーズ)残念、ここは世界の裏側です。 1 (MFコミックス ジーンシリーズ)
読了日:06月30日 著者:青春

2012年6月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター


「ビブリア古書堂」は相変わらずすごい人気ですね。確かにその人気を裏付ける面白さもある。
あと「愚者のエンドロール」も最後怒涛の展開だったな。
「アクセル・ワールド」は原作読んでからアニメを見るとだいぶ端折ってる感じはするが、バトル物は映像の方がよくわかったりイメージしやすかったりする。
「俺、ツインテールになります」は「ハヤテのごとく!」の畑健二郎先生がツイッターで強く推してたので読みました。感想は↑の通りw
[PR]
by AppleTeaKobo | 2012-07-01 06:03 | 日記

最近はアニメや読書の感想中心になっています。


by AppleTeaKobo