<   2013年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

春アニメ 見てるもの

今期新作アニメ多くて、1話見て終わったもの多数。結局見続けてるのはこの辺。

<ROD レッドデータガール>
不思議な力を持つ女の子、神社に住んでるって言うのはBlood-Cっぽい。
まだ謎な部分が多く、引き続き視聴。

<宇宙戦艦ヤマト2199>
キター!これは燃える!すいません、モロリアルヤマト世代なもんでw
1話最後の夕日ヤマトシーンで泣きそうになってしまったwさらば~地球よ~の歌も良い。
何と言っても声優陣が豪華w毎週楽しみ。

<這いよれ!ニャル子さんW>
相変わらず肉食系なニャル子かわいいw

<血液型くん>
何気にキャストが豪華w血液型分析毎回楽しみだったりするw

<とある科学の超電磁砲S>
禁書目録の中の女の子キャラがいっぱい出てくるって感じかな。前作の登場人物も引き続きでるようだ。
アクセラレータも出ると良いなと思っているw

<翠星のガルガンティア>
虚淵玄作品なので見る。それだけ。

<変態王子と笑わない猫。>
ちょっとどうしようか迷うレベル。

<カーニヴァル>
「NO.6」の紫苑とネズミに似ている。
「アニメイズム」の「K」みたいな作品だとしたら腐向けなのか?謎が多いのでとりあえず引き続き見る。

<ハヤテのごとく! Cuties>
何か毎回キャラ1人ずつ注目していく内容らしい。

<アラタカンガタリ>
今期一番ハマりそうな予感。原作者は「ふしぎ遊戯」の人。岡本信彦万歳w

<革命機ヴァルヴレイヴ>
OPは奈々さんと西川の強力コラボ、どんだけ売れるんだろうw
中立国に侵入してメカ奪おうとするって、どこのSEEDですかw
1話の始まり方とか2話タイトルとか、銀英伝っぽい。
[PR]
by AppleTeaKobo | 2013-04-19 20:48 | アニメ・マンガ
劇場アニメ『AURA~魔竜院光牙最後の闘い~』公式サイト

見て来ました。
以下、ネタバレを含むかもしれないので、まだ見てないひとはご注意ください。


AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)

田中 ロミオ / 小学館



続きを読む
[PR]
by AppleTeaKobo | 2013-04-17 16:52 | アニメ・マンガ
<銀魂>
今回はわりとしんみりとした最終回だったような気がする。
アニメ終わるのは非常に残念。
銀魂は激しく下ネタ満載な作品であったがw、他のアニメには無い「熱い男気」を感じる作品でもあった。
劇場版は見に行くつもり。

<ささみさん@がんばらない>
結局ハッピーエンドだったんだよね?これはどのくらい原作に忠実だったのかな。
日本神話とファンタジーの組み合わせはわかりにくいところもあったが面白いものだったと思う。
新房シャフト独特の面白味もあった。2期あるかな。

<僕は友達が少ないNEXT>
相変わらず星奈と夜空の言い争いが好きになれないのであまり好きな作品ではなかったが、今回は幸村くんの衝撃の事実wが判明してびっくり(笑)。それと理科が結構出番多かった気がする。理科好きな人が結構いるのがちょっとわかった。

<まおゆう魔王勇者>
これは「狼と香辛料」の時の経済の話のような、真面目な小説なのか、ただのラブコメなのかわからないところがあった。ちょっと話を飛ばしてる感じがして、つながりがよくわからないところもあった。

<バクマン。3>
真城くんと美保ちゃんが「夢」をかなえてゴールインで終了か(原作通り)。
良い作品だったが、いまだに何でそんなに作家同士でアンケート順位を争わないといけないのかが理解に苦しむ。でも新妻エイジがちゃんと人に頭下げられる子になっててうれしかったw
それと初期の七峰徹の話のあたりはあまり内容が好きになれなかった。でもハッピーエンドで終わってすっきり。

<八犬伝~東方八犬異聞~>
原作5巻までか。2期決定おめでとう!超楽しみ!
今期一番ハマったのはコレかも。原作も買ったし。(でも原作はBL棚にあって買うの勇気いるw)
コレはBLじゃないですよwでも信乃カワイイし荘介カッコイイし(笑)
リアルの八犬伝の設定も生かしつつ、まだ謎深いところもあり、目が離せないですw

<琴浦さん>
原作とはいろいろ成り行きの違うところもあったけど、なかなか引き付けるストーリーになっていたと思う。原作が4コマという性質上、アニメとして流れのあるストーリーにするために良い改変だったと思う。
母親との和解っぽいムードも原作以上でしたが、「心が読めてもその真意はわかってなかった」という部分があるのは琴浦さんにとって救いだったように思います。
2期あるといいなと思ってます。

<リトルバスターズ!>
話が終わらなかったよw2期へ続く?
リトバスは泣きゲーだと思っていたのでAirのような泣けるアニメかと思っていたんだが、泣けたのはこまりちゃんの話だけだった気がする。話は2期に続くようなので、話の展開に期待。
[PR]
by AppleTeaKobo | 2013-04-07 19:31 | アニメ・マンガ
八犬伝  ‐東方八犬異聞‐ 第5巻 (あすかコミックスCL-DX)八犬伝 ‐東方八犬異聞‐ 第5巻 (あすかコミックスCL-DX)感想
アニメ待ちきれず。信乃号泣の場面は、信乃の不安と安堵が伝わって来て、こっちまで泣きそうになった。
読了日:3月18日 著者:あべ 美幸
楽聖少女3 (電撃文庫)楽聖少女3 (電撃文庫)感想
ラストまで目を離せず一気読み。今回はルゥの耳とか体調のこととかハイリゲンシュタットのこととかいろいろあって、今までの2つより重い内容だったように思う。あまりに重くてファンクラブ会員番号1番のオジサンの名前とか忘れてたよ。
読了日:3月19日 著者:杉井光
上杉謙信 (SPコミックス)上杉謙信 (SPコミックス)感想
上杉謙信についての本なので、若干武田信玄が悪者っぽく描かれてる気がする。
読了日:3月20日 著者:岡村 賢二
【Amazon.co.jp限定小冊子付き】織田信奈の野望 10 (GA文庫)【Amazon.co.jp限定小冊子付き】織田信奈の野望 10 (GA文庫)感想
いや~ん結末が気になって一気に最後まで読んじゃったけど終わらなかった!滝川一益の出自がついに明らかに。混乱する一益、慣れない水軍戦で追いつめられる織田軍、今までにない壮絶な鉄砲撃ち合い戦、そして三種の神器から天岩戸開きで良晴を未来へ返す?話は次巻へ続く。
読了日:3月20日 著者:春日 みかげ
上杉謙信 (2) (SPコミックス)上杉謙信 (2) (SPコミックス)
読了日:3月21日 著者:岡村 賢二
僕は友達が少ない ゆにばーす2 (MF文庫J)僕は友達が少ない ゆにばーす2 (MF文庫J)感想
この本はヤバイ語句がデカ字フォントで書かれてたりするので、電車で読むのは危険です(笑)各作者の個性が出る作品集。白鳥先生のイラストと連動した話が超面白くて、ページをめくるごとに声をあげて爆笑してしまったwアサウラ先生の唐揚げはマジ食べたくなった!(鳥と豚にそういう意味があったとは)。鏡先生のは瞳にに五芒星が入っちゃうしw面白かったです(^^ゞ
読了日:3月22日 著者:平坂読,アサウラ,あさのハジメ,岩波零,白鳥士郎,鏡貴也
小説 ちはやふる 中学生編(2) (KCデラックス)小説 ちはやふる 中学生編(2) (KCデラックス)感想
新の祖父は、新のかけがえのない最大の目標であると同時に最大の重荷にもなっていたようにも思う。じいちゃんのようにならねば、という思いから離れて楽しくかるたしたいと思っていればもっと早くA級になってたかも。何か介護が家族の生活を破綻させていく典型のようにも見える。あと幼なじみの由宇は原作ではあまりしゃべる機会が無いが、とても大人な態度で新を支える姿にちょっと驚いた。
読了日:3月23日 著者:時海 結以
喪男の社会学入門 (アフタヌーンKC)喪男の社会学入門 (アフタヌーンKC)感想
社会学者・千田有紀先生と漫画家・カラスヤサトシさんの対談とカラスヤさんの4コママンガでつづる本。前半ジェンダー論、後半カルチュラル・スタディとかポストモダンとかロストジェネレーションとかについて。千田先生がわかりやすく噛み砕いて説明しているので読みやすい。これから何を勉強しようかと思ってる高校生・大学生などが読むと良いかも。
読了日:3月24日 著者:カラスヤ サトシ,千田 有紀
八犬伝  ‐東方八犬異聞‐ 第6巻 (あすかコミックスCL-DX)八犬伝 ‐東方八犬異聞‐ 第6巻 (あすかコミックスCL-DX)感想
人形師の犬村大角とのかかわり。四家の最後の1つ・緋の塚もかかわってくる。しかし信乃と里見の関係が身内って、一段と気になる。完成した人形すごい可愛かった。
読了日:3月25日 著者:あべ 美幸
ソーシャル化する音楽 「聴取」から「遊び」へソーシャル化する音楽 「聴取」から「遊び」へ感想
さらっと流し読み。静かにじっと聞き入るものだった音楽が、いろんな社会の変化を通して「体験」するものに変わって行く。
読了日:3月26日 著者:円堂都司昭
おのぼり物語 (バンブー・コミックス)おのぼり物語 (バンブー・コミックス)感想
どこにでもいそうな青年の一時代前の上京物語、みたいに思えた。私は東京出身なのだが、地方から東京に出てくる人ってみんなこんな風に思ってるのかなと思ったり。でもカラスヤ氏はとても想像力豊かな人だというのがわかったw
読了日:3月29日 著者:カラスヤ サトシ
重版出来! 1 (ビッグ コミックス)重版出来! 1 (ビッグ コミックス)感想
本と言うものは黙ってれば売れるものではなく、これだけの人々の思いを乗せて読者の手に渡って行くんだなと思った。社長の「本が私を人間にしてくれた」は名言。新人の柔道女子と営業のユーレイくんの成長も微笑ましい。
読了日:3月30日 著者:松田 奈緒子
幕末魔法士―Mage Revolution (電撃文庫)幕末魔法士―Mage Revolution (電撃文庫)感想
幕末の蘭学者を魔法士に置き換えたような設定で、リアルの幕末の設定もふまえつつ、とある適塾の優等生・久世伊織とシーボルトの孫・失本冬馬の話。屋敷で再開した後、伊織と冬馬はもっとツンデレなやりとりがあるのかと思ったがそんなことも無く、どちらかというとお互いを認め合ったクールな関係のように思う。冬馬の能力についてはまだ未知な部分もあり、今後の展開に期待。
読了日:3月30日 著者:田名部 宗司
おとめ妖怪ざくろ (8) (バーズコミックス)おとめ妖怪ざくろ (8) (バーズコミックス)感想
学校での潜入捜査で手がかりがつかめていよいよ核心へ!と言う所でどうなっちゃうのざくろ!総角のお母さんイイナ。
読了日:3月31日 著者:星野 リリィ

読書メーター



3月は「積読本消化強化月間」として、かなり集中して読みました。
その代わりほどんど編んでないw
そしてまた積読本が増えたw
[PR]
by AppleTeaKobo | 2013-04-01 12:50 | 日記
2013年3月の読書メーター
読んだ本の数:28冊
読んだページ数:6551ページ
ナイス数:138ナイス

家庭教師ヒットマンREBORN! 42 (ジャンプコミックス)家庭教師ヒットマンREBORN! 42 (ジャンプコミックス)感想
ついに最終巻。復讐者との戦いに決着がつき、ラスボスであるチェッカーフェイス登場なのだが、何とチェッカーフェイスの正体はあの人だった!最後に裸になる死ぬ気ツナを持ってくるとは。このリボーンのマンガはギャグとシリアスとバトルがちょうどうまく重なり合って、大好きな作品でした。天野先生お疲れ様でした!そしておまけマンガが面白すぎるw
読了日:3月4日 著者:天野 明
織田信奈の野望外伝 邪気眼竜政宗 (GA文庫)織田信奈の野望外伝 邪気眼竜政宗 (GA文庫)感想
奥州動乱が梵天丸政宗の中二病たっぷりな戦略や、梵天丸を取り巻く人々の梵天丸への想いや、梵天丸自身が母に求める想いなど、いろいろなことが混ぜ合わされて結構ロマンチックな戦だったように思う。最後兼続が謙信に報告する部分ですべてまとまっている。
読了日:3月4日 著者:春日 みかげ
のうりん 5 (GA文庫)のうりん 5 (GA文庫)感想
今回は吉田さん大活躍で牛の話中心。相変わらずギャグと下ネタ満載なんだけど、いつも以上に農業に関する説明的な部分が多く、今までで一番勉強になる一冊。特に後半に向かってテーマが「生命倫理」についての話になって行き、特に獣医さんの話は結構ショックだった。最後吉田さんの演説では涙ぐんでしまったよ。全国の畜産農家の皆さんありがとう。
読了日:3月5日 著者:白鳥 士郎
ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ (メディアワークス文庫)感想
今回もぐいぐい引き込まれ一気読み。乱歩好きな人は読むべし。江戸川乱歩の本を巡って謎解きしていく。マニア度高い。篠川母ついに登場なのだが、母娘というよりライバル関係むき出し。マニア同士だと肉親でもそうなってしまうのかと思ったり。それと物語の背景に東日本大震災があることもポイント。最後大輔さんよく言ったw
読了日:3月6日 著者:三上 延
孔明のヨメ。 (2) (まんがタイムコミックス)孔明のヨメ。 (2) (まんがタイムコミックス)感想
帯にもあるが、「この新婚めっ!」という一冊wしかし水鏡先生お茶目だしw孔明と徐庶の若い頃のエピソードも面白かった。徐母は「あの徐庶の母」かと思うと…。作者のスライディング土下座の旅も楽しかったw後半龐統も登場。
読了日:3月8日 著者:杜康 潤
あのとき、大川小学校で何が起きたのかあのとき、大川小学校で何が起きたのか感想
腹立たしさを抑えつつ冷静に読み進めるのにものすごく忍耐力が必要な一冊。非常にしんどかった。義務教育年齢のお子さんがいる人は読んでおいた方が良い。大川小学校の悲劇は忘れられてはならない。
読了日:3月9日 著者:池上 正樹,加藤 順子
八犬伝  ‐東方八犬異聞‐ 第4巻 (あすかコミックスCL-DX)八犬伝 ‐東方八犬異聞‐ 第4巻 (あすかコミックスCL-DX)感想
いつもアニメを先に見てアニメを追い越さないように読んでいたのだが、待ちきれずに終わりまで読んでしまったw毛野が探していた荘介の「影」登場。信乃が死にかけて村雨暴走?本来の姿の信乃も見られる。あと浜路の学生寮の話は、うさくまの歌が意味深。
読了日:3月12日 著者:あべ 美幸
日本文化の論点 (ちくま新書)日本文化の論点 (ちくま新書)感想
現在日常で起こってることを題材にした内容なので、興味を持って読めた。後半はいわゆる「坊主事件」についての言及も含んだ「AKB48」についての分析。AKB48を取り巻く環境を「ゲーム」と見るのは面白い。既存の社会の在り方を「昼の世界」、サブカルチャーなど人目につかない世界を「夜の世界」とする分類、そして「昼の世界」を「夜の世界」の「想像力」が変えていくという主張、「ファンタジー」に対する新しい見方、「新しいホワイトカラー」についても興味を持って読んだ。
読了日:3月12日 著者:宇野 常寛
スタンフォードの自分を変える教室スタンフォードの自分を変える教室感想
ものすごく一生懸命読んだわけではなく、わりとさらっと流し読み。各章の終わりに1ページで内容がまとまっている。この本を読んだからすぐに自分が変われるという訳では無い。だが自分を変えたいと思う意思をどうサポートするかのヒントはいろいろあったと思う。
読了日:3月14日 著者:ケリー・マクゴニガル
大伝説の勇者の伝説13  昼寝と団子と王様と (角川ファンタジア文庫)大伝説の勇者の伝説13 昼寝と団子と王様と (角川ファンタジア文庫)感想
エーネを一度殺させた後復活させる所はちょっとキリスト教っぽいと思った。ティーアとライナも共に進んで行けそうで良かった。神々からの干渉が途絶えた1年間をどうするか人間達で話し合う準備をするが、順調に話の成り行きが進んで行くように思えたのに、最後でフェリスが…。
読了日:3月14日 著者:鏡 貴也
ちはやふる(20) (BE LOVE KC)ちはやふる(20) (BE LOVE KC)感想
吉野大会決勝で千早と太一の緊張感漂う同門対決に決着。その後新が太一に言ったセリフが挑発っぽく聞こえて萌えるwいよいよ名人・クィーンへの挑戦をかけた東日本と西日本の予選が始まるが、千早は自分の夢のために修学旅行へ。しかし太一は!それにしても菫ちゃんは太一のことを良く見てる。イイこと言うなあ。あと周防名人に誘われた詩暢ちゃんが「サ…」w。スノー丸どら焼き食べたいですw
読了日:3月14日 著者:末次 由紀
ストーリー311 (ワイドKC)ストーリー311 (ワイドKC)感想
たくさんの人に読んでもらいたいと思う作品。どの作品も被災者は辛い話をよく話してくれたと思うし、描く先生方もとても慎重に作品にされている。被災した一人一人がきっと「あの時はそうだったよね」と共感してもらえるような内容だと思う。ありがとうございました。
読了日:3月15日 著者:ひうら さとる,末次 由紀,さちみりほ,上田 倫子,東村 アキコ,岡本 慶子,ななじ眺,樋口 橘,うめ,新條 まゆ
坂本ですが? 1 (ビームコミックス)坂本ですが? 1 (ビームコミックス)感想
ねーコレ要するにイジメにあってるんだよね?wでもこんなイジメもこんな風にスタイリッシュ?にかわすと勧善懲悪になっちゃうのねwいじめられるだけじゃなくて立ち向かえというメッセージにも受け取れる。あと話の間の一コママンガに吹いたw
読了日:3月17日 著者:佐野菜見
楽聖少女2 (電撃文庫)楽聖少女2 (電撃文庫)感想
「魔弾の射手」と「魔王ナポレオン」登場、しかもユキが未来から呼ばれてゲーテに「なった」ことも知ってる?ルゥとピアノをめぐる物語。しかしこんなに歴史に合わないテクノロジーが出て来てしまって、この先どうなるんだ?満たされないから創り続ける、憧れだけが時代を動かす、か。読んでもらう喜び、と言うのは作者の声のようにも思えた。それと、巻頭のルゥがタクトを振る絵がかっこいい。
読了日:3月17日 著者:杉井 光


3月はがんばった!投稿を2つに分けなきゃならないほど読んだ!w
と言うことで、その2に続きますんでそちらもご覧くださいw
「のうりん」アニメ化おめでとー!
[PR]
by AppleTeaKobo | 2013-04-01 12:44 | 日記

最近はアニメや読書の感想中心になっています。


by AppleTeaKobo