<   2013年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

夏アニメ 終わったもの

今期は櫻井孝宏が多かった気がする。

<ブラッドラッド>
10話と短かったが、まあちょうどいい区切りなのか。原作も借りて読んでしまった。
今期一番楽しみにしてた作品だったかもしれない。面白かった。2期に期待。

<魔界王子 devils and realist>
ハマるまいと思っていたのに、原作まで手を出してしまった(笑)
まだ3巻までしか読んでないが、このアニメの終わり方は原作通りなのか?
BLっぽさもあったがまあ気にならないレベル。ギャグのデフォルメされた絵も可愛かった。

<きんいろモザイク>
最終回は実に女の子の夢っぽい終わり方だった。
やはり最初から最後まで英語発音のきれいなアニメだった。

<犬とはさみは使いよう>
もうミニチュアダックスを見ると櫻井孝宏の声でしゃべるんじゃないかと思えてくるレベルになった(笑)

<私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!>
もうホントどうしようもないねwモコちゃんw

<銀の匙 Silver Spoon>
やはり豚丼の話は重い。普段何気なく食べてるモノにも命があって、命をもらって生きていることや、過酷な農業(と後継者)の現実も考えさせられる良い作品。引き続き2期に期待。

<ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 The Animation>
謎解きが結構引き付けられるものがあったが、最後あっさり黒幕が登場して全部明かしてしまったような気がする。

<劇場版 空の境界>
梶浦由記とKalafina目当てに見てたが、この手の作品はやはり好きになれない。

<Free!>
美少年(+肌色)+ショタで完全に腐女子向けだったが、意外と男性ウケも良かった?
ラストは大団円で良かったが、あの場面で譲った怜ちゃんの気持ちを考えると切ない。
2期来るかな?

<サーバント×サービス>
原作本3巻でよくこれだけのアニメを作れたと思うw
3巻目ではルーシーに話すのは「明日ね」を延々と引きずっていてルーシーの方もあしらうのに慣れて来た感じも面白かったが、アニメでは真相を話しちゃったよ?これは原作通りなのかな?
しかし、私の知ってる区役所の職員さんはこんなに遊んでないぞw役所の人が見たらどう思うのかなw

<戦勇。(第2期)>
細切れすぎて翌週になると前回何だっけ?と毎度思ったが、録りためておいてまとめて見るのが良いかも。

<ガッチャマン クラウズ>
正直がっかり。別に「ガッチャマン」を持ち出さなくても、別の何とかヒーローみたいな名前でも良かったと思う。原作を知る人間としては釣られた感満載。話もよくわかんなかったし。

<宇宙戦艦ヤマト2199>
やはり沖田艦長のあのセリフは泣ける…。2199はオリジナルのヤマトと同じ部分もあり、かなり違う部分もあり、両方を知る身としては昔のヤマトも良かったなと思ったり。特に古代の「勝利か、くそくらえだ」のセリフが無かったことと、デスラーが旧作とはちょっと人物像が違った気がするのは残念。あと真田さんの活躍も少し少なかったような…。しかし、オッサンが渋い作品に変わりは無かった。メルダとユリーシャと玲がパフェ食べる場面は和んだ。宇宙のありかたと言うのはああではないのか。そして、2014年完全新作劇場版か。

<戦姫絶唱シンフォギアG>
最後は全員で総力戦、しかし最後の最後にギアを持たない未来ちゃんで幕を閉じるのも面白い。
ラストに逆行のフリューゲル(曲名は虹色のフリューゲル)が聴けるとは思わなかった。しかも全員合唱。
ホントに歌満載なバトル物でした。みんな仲良くなれて良かった。

<有頂天家族>
初めのうちはどうでも良かったが、父が狸鍋にされた真相が発覚する後半から面白かった。結局早雲の悪だくみを証拠立てることは出来なかったのかな。でも全員で狸鍋を回避するがんばりはすごかった。お母さんの優しさが超泣ける。それと海星が矢三郎よりかなり小さいことがわかった。

<八犬伝―東方八犬異聞―(第2期)>
終わり方も含め、原作とはいろいろ成り行きの違う展開だったが、まあ総じて面白かった。最後いつの間にかかまいたちいるしw原作のゆとりが出来れば続編希望。

<とある科学の超電磁砲S>
最後全部がうまくまとまったと思う。記憶をあやつる人すっかり忘れてたけどw
個人的には、アクセラレータの話の部分はもう少し御坂美琴視点の話が良かった気がする。
[PR]
by AppleTeaKobo | 2013-09-30 08:15 | アニメ・マンガ

最近ハマってるものw

c0039661_19413739.jpg

c0039661_19413883.jpg

c0039661_19413874.jpg

c0039661_19413987.jpg


「石鹸デコパージュ」のやり方を教わったので, いろいろやってみてます(笑)
[PR]
by AppleTeaKobo | 2013-09-22 19:38 | 日記

8月の読書メーター

2013年8月の読書メーター
読んだ本の数:13冊
読んだページ数:2924ページ
ナイス数:33ナイス

会長はメイド様! 17 (花とゆめCOMICS)会長はメイド様! 17 (花とゆめCOMICS)感想
美咲ついに渡英!碓氷と再会するも…うーんでもこういう展開で良いのかな。あんなに苦労して淑女特訓した成果が出せなかったし、ジェラルドとウォーカー家のことも何も解決してないし、碓氷もジェラルドのことをちょっと認め始めたみたいだし、その顛末は次巻に期待。そして美咲争奪戦に五十嵐会長参戦?!しかし真木が甲斐甲斐しいw次巻で完結、楽しみにしています。
読了日:8月7日 著者:藤原ヒロ
奇貨居くべし―火雲篇 (中公文庫)奇貨居くべし―火雲篇 (中公文庫)感想
出会いが人を成長させるのは良くあることだが、呂不韋が出会う人々とのことがことごとくラッキーな方向へ廻っているように思う。孟嘗君にまで会うし。小環や雉との再会は出来過ぎとまで感じる。
読了日:8月11日 著者:宮城谷昌光
奇貨居くべし (黄河篇) (中公文庫)奇貨居くべし (黄河篇) (中公文庫)感想
孟嘗君の死によって激動の流れに巻き込まれる呂不韋、自らの命の危機だけでなくいろんな人を助けながら陶の国へ行く。
読了日:8月13日 著者:宮城谷昌光
ペコロスの母に会いに行くペコロスの母に会いに行く感想
認知症理解のための本。4コママンガの絵がほのぼのしている。ぶつぶつ言ったり急に大きな声を出したりするのは本人にとって理由があってすることで、そういう行動を見守る介護者や家族の周囲の目が暖かい。微妙に戦争が影を落としていたり、何気ない普段の生活がとても幸せなモノだったことがわかって、涙がとめどなく流れた。自分もこうなるのかな。
読了日:8月14日 著者:岡野雄一
翠星のガルガンティア(1) (ファミ通文庫)翠星のガルガンティア(1) (ファミ通文庫)感想
既に映像で全部見たものを文字列にするとこうなるのかなという感じ。若干状況の説明が多い気がする。しかしアニメ放映時「レドの就職日記」と言われていたこの作品も企画の当初からそういうことを念頭に置いた作品だったことがあとがきでわかった。
読了日:8月19日 著者:谷村大四郎
翠星のガルガンティア(2) (ファミ通文庫)翠星のガルガンティア(2) (ファミ通文庫)感想
慣れないながらガルガンティアでの生活をいろいろ経験するレド。しかしクジライカとの遭遇によって本来の兵士としての自分を取り戻そうとする。そして船団長との別れ、レド自身もガルガンティアを離れることに。
読了日:8月20日 著者:谷村大四郎
ブラッドラッド (角川スニーカー文庫)ブラッドラッド (角川スニーカー文庫)感想
マンガ4巻分アニメ6話分をすっ飛ばして読んだ感じ。
読了日:8月21日 著者:八坂圭,ブラッドラッド製作委員会
奇貨居くべし (飛翔篇) (中公文庫)奇貨居くべし (飛翔篇) (中公文庫)感想
呂不韋が商人として活動始める準備~商人として活躍する時期の話。呂不韋の人を見抜く目が素晴らしすぎる。しかし商人として大成した後の自分を憂える呂不韋、そして新しい黄金の気を見出す。いよいよ政治の世界に踏み込んで行く。
読了日:8月21日 著者:宮城谷昌光
ジャンプLIVE 第0号ジャンプLIVE 第0号感想
天野明の新作面白い。今後が楽しみ。
読了日:8月22日 著者:週刊少年ジャンプ編集部編
天上の蟻-最遊記外伝- 第一葉「ダリアの蟻」 (ZERO-SUMコミックス)天上の蟻-最遊記外伝- 第一葉「ダリアの蟻」 (ZERO-SUMコミックス)感想
香花の章見た時この人達のストーリーもっと見たかったなあと思っていたのでうれしい作品。第一葉なので続くのか?
読了日:8月25日 著者:峰倉かずや
堕ちた黒い勇者の伝説8  真伝勇伝・革命編 (富士見ファンタジア文庫)堕ちた黒い勇者の伝説8 真伝勇伝・革命編 (富士見ファンタジア文庫)感想
始まりにつながる物語完結。それにしてもエリス家の力はすごいな。短編は大伝終盤へつながる物語、今の大伝を思うとこんなバカやってた頃がホントに懐かしく感じる。
読了日:8月26日 著者:鏡貴也
ブラッドラッド(1) (角川コミックス・エース)ブラッドラッド(1) (角川コミックス・エース)感想
Kindle版99円だったので即買い。
読了日:8月27日 著者:小玉有起
翠星のガルガンティア 少年と巨人翠星のガルガンティア 少年と巨人感想
管理された社会での、管理されるべき存在になるための教育機関における話。「レドに似た小さな少年」はロンドという名前だったが、本当にレドの弟かどうかははっきりしなかった。でもロンドに出会ったことによって、地球へ降りたレドが人類銀河同盟に疑問を持つようになったとも言える。マシンキャリバーに乗って人類を救う夢を見るというか見せられてきた幼いレド。自由も恋愛も知らない少年少女達の一つの時間がそこにあった。
読了日:8月31日 著者:海法紀光

読書メーター

[PR]
by AppleTeaKobo | 2013-09-01 08:52 | 日記

最近はアニメや読書の感想中心になっています。


by AppleTeaKobo