<   2014年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

夏新アニメ 見たもの その4

<モモキュンソード>
桃太郎、じゃなくて桃子が鬼退治するストーリーねwそれにしても胸に目が行くんですけどw

<アオハライド>
うーん、田中くんはどうしてあんなふうになっちゃったんだろうね。というか、女子力下げるってそこまで自分をねじまげないと友達でいられないものなのかな、現代の青少年の友達事情の闇を見たような気がする。
でもまあ青い青春物語に乗って(ライド)、見守りますか。

<ハナヤマタ>
アメリカ育ちの超積極ガールに誘われてよさこいやる話?ラブライブみたいに徐々に集まって人気グループになるのかな。でもなるは誰かに何とかしてもらおうとしてるばかりで自分から動かないのを見るとちょっともどかしいを通り過ぎてイラッと来なくもないw

<残響のテロル>
「カウボーイビバップ」の渡辺信一郎監督と音楽菅野よう子が再びタッグを組んだ話題作、1話はまさに9・11の再現だったな。今後に期待。それにしても菅野よう子作曲のOPED曲は難しい曲だな、歌う人を選ぶ。

<まじもじるるも>
ギャグ&ちょいエロ?wとても弱虫ペダルと同じ作者とは思えないw
主人公は自分の命かかってるとしても人情に厚い感じの奴かな。今後も期待。

<LOVE STAGE!>
やべえBLwでも泉カワエエw

<六畳間の侵略者?>
主人公が編み物男子だったwというか、お母さんの残した編みかけのセーターを完成させたいのかな?
まあよくあるハーレムものですね、でも管理人さんが最強でしたw

<東京ESP>
超能力者vs超能力者?何かよくわからんかった。音楽がエレガのEvanだったw

<信長協奏曲>
フジテレビはノイタミナ枠以外にアニメ枠を新しく設けたのか?絵が独特、モーションアクターということは3Dか。
それにしても、また宮野真守の信長かwでも本物の信長よりサブローの方がたしかに信長っぽいw奈々さんの帰蝶様可愛らしい(=^・^=)
ついでに実写版の告知まであったしwしかも英語でw



これで一通り新アニメは見たかな?
印象に残ったのは、Free、アルドノアゼロ、ばらかもん、人生、アオハライド、野崎くん、残テロ、るるも、信長協奏曲あたりかな。
あと2期であるハマトラと新編集版のサイコパスを含めて、この辺を中心に見ていくと思う。
[PR]
by AppleTeaKobo | 2014-07-12 15:42 | アニメ・マンガ

夏新アニメ 見たもの その3

<人生相談テレビアニメーション「人生」>
これ面白いw「本日の回答」があるのはバカテスの問題と解答みたいだw

<さばげぶっ!>
これはガルパンとかうぽってとかと同じ感じがしますね、あまり興味のある分野ではないのですが・・・。

<ひめゴト>
何と言う綾崎ハヤテの二番煎じwしかも生徒会の人の名前がw今後も男の娘満載なんですねw
5分ほどのミニアニメなのにしっかりOPあるしw

<アカメが斬る!>
まー遠慮なくぶった切って血がどひゃーって出ますねー。何か時代劇の勧善懲悪モノっぽいが、帝都に出て一旗挙げたいと思ってた主人公が殺し屋集団に就職しちゃったよ?これからどうなる?このぶった切り路線は続くのか?

<月刊少女野崎くん>
いやーここまでわかってない人がよくあんなキュンキュンなマンガ描けるな~って話w佐倉さんがんばれw

<リプライハマトラ>
ナイス生きてたーー!もう最初告別式とか言ってるからどうなっちゃったかと思ったよー!・・・でもアートとの仲は・・・。何となく以前よりはじめちゃんの出番が多くなった気がする。今後はやっぱりアートとの関係がどうなるか注目だな。

<DRAMATICAL MURDER>
原作はBL系18禁ゲームか、って誰が対象?女の子向け?ニトロプラスね。
チームとか「K」っぽいかな。イケメンだらけだし。それにしても私市淳とか久しぶりだな。
[PR]
by AppleTeaKobo | 2014-07-07 18:55 | アニメ・マンガ

夏新アニメ 見たもの その2

<ソードアート・オンラインⅡ>
キリトの得意技は剣だったはずなんだけど、今度のゲームはシューティングなの?と思ったら、タイトルが「銃の世界」だったw
神谷浩史の声で始まったと思ったらもう退場なの?それにしても、キリトとアスナはリアルでも早く結婚しちゃえw
皇居が神聖な場所ってアクセル・ワールドでも同じような設定があったな。EDでのあのロン毛がキリトなの?

<アルドノア・ゼロ>
ほとんど何も知らなかったのだが、事前番組を見て興味が湧いた。そして1話は期待を裏切らなかったな。
かなりしっかりした設定の元に話が進むものだと思おう。視聴継続、期待。

<少年ハリウッド>
うたプリの二番煎じ?颯がキャッチフレーズを言う場面で思わず長道が「俺はシドニアの騎士ですから!」って言った時のことを思い出したw山下くんが結構キャラハマってる気がする。まあこのメンバーならカッキーがリーダーだね。

<ばらかもん>
リアル幼女に癒される作品ですね、って違うかw東京からやってきた若き書道家と島の人たちとの話だけど、方言が非常にリアルでちょっとわからないくらいなのだが、なるのおじいちゃんの糸博さんとか立木文彦さんとか九州の出身なのね、しかも立木さんは五島の出身だし。

<ガンダムさん>
これ原作すごい好きでずっと買ってたwもう大佐がwwwww
ララァの声が娘さんになったんだけど、何か面影ある声だな。あとは彗星ヒヨコに期待w
[PR]
by AppleTeaKobo | 2014-07-07 14:07 | アニメ・マンガ

夏新アニメ 見たもの その1

<幕末ROCK>
これは谷山紀章のためのアニメですねwしかし谷山紀章・鈴木達央・森久保祥太郎と、声優界のロッカーを集めたとは、うたプリとはまた違った盛り上がりになりそう。

<Free! -Eternal Summer->
ヤバイw超おもしろいw1期の時以上にハマりそうw渚と怜くんのしぐさが可愛すぎるw
今後は細谷佳正キャラがどう絡んでくるか、楽しみだなwあとつだけん氏がいろんなモブキャラの声当てててワロタw

<普通の女子高生が【ろこどる】やってみた>
何気に笑ったwおじさん公務員だなあ(笑)血税で買った水着w
まだまだアイドルとしては未熟な二人だが、これから成長していくにつれ人気も上がるか?

<RAIL WARS!>
鉄道+ラブコメ?まあ鉄道というより公安だから警察っぽい話になるのかな。何でひったくり犯を他の仲間と連携して追い詰めないのかな。それと鉄オタな知識について行けない感もあるが・・・。
しかし福山潤はトッキュージャーに加えてまた鉄道モノご出演ですかw

<白銀の意思 アルジェヴォルン>
ロボット戦記モノ?新機種ロボットは何気に「ニンゲンヤメマスカ?」的な起動だなw
これまたお偉いさんは遠く戦場から離れた所から戦争を賛美する奴らか。

<グラスリップ>
凪あすみたいな話だね。5人+1人の関係性が見えるようだが、何か深い裏もありそうな感じ。
まあこれは視聴だな。

<東京喰種トーキョーグール>
吸血鬼に血吸われて吸血鬼になっちゃう...ようなおとなしい話じゃなさそうだね。うーん見たいような見たくないような。
20区の横のマークが練馬区のマークなんだがw
[PR]
by AppleTeaKobo | 2014-07-04 13:51 | アニメ・マンガ

6月の読書メーター

2014年6月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:906ページ
ナイス数:39ナイス

シドニアの騎士(4)シドニアの騎士(4)感想
長道が岐神に告げた言葉は心揺さぶられるものだったのに、その後の岐神が…。イザナは正規操縦士になったが、そのためさらに一歩死に近づいたことを自覚、手足を失う厳しい戦闘の後長道に一命を救われる。落合の補助脳の使い方がエグい。そして人工カビを使った新兵器を長道が使用する。週一食の宴会の場面はちょっと笑えたなw
読了日:6月7日 著者:弐瓶勉
シドニアの騎士(5)シドニアの騎士(5)感想
だんだんエグい話になって来たな。乗っ取られた岐神の魔の手が伸びる。落合の脳が一番恐れる対象は斉藤のクローンである長道なのかな、今後の岐神の行動を左右する要因に長道はなるのか。あと纈とイザナは良いコンビになってきたな、一人の夫を二人の妻が支える雰囲気wそしてガウナによる小惑星攻撃で紅スズメと対峙する長道。サマリはどうなったんだー!
読了日:6月7日 著者:弐瓶勉
駒ひびき (1) (ドラゴンコミックスエイジ)駒ひびき (1) (ドラゴンコミックスエイジ)感想
これは将棋界の中でもAKBファンでラブライバーの高橋道雄先生が監修すべき作品ですねw「咲」の将棋版みたいな感じ?ミカン箱に乗ってる部長が超カワイイwあゆみの「将棋を指す目的」とか鋭利香の暗い過去とか、他の子たちも今後の成長に期待。
読了日:6月12日 著者:
シドニアの騎士(6)シドニアの騎士(6)感想
小惑星ガウナ&紅スズメとの決着、と言っても紅スズメは完全に消滅した訳ではなさそう。長道の継守はこの戦闘で大破、新型一九式の試験飛行へつながる。それにしてもサマリさんは精神的に重症だな。それと岐神によるエナ星白を使った融合体開発って…。そしてそれの成功体が最後に長道たちを救う?
読了日:6月14日 著者:弐瓶勉
聲の形(4) (少年マガジンコミックス)聲の形(4) (少年マガジンコミックス)感想
前巻の終わりから、この作品はこのままラブコメ作品となるのかと思ったらそうはならなかった。なかなか期待を裏切らない作品であるw今回硝子のおばあさんが登場したが、硝子も硝子のお母さんもゆずるもこのおばあさんを心の支えにして生きてきたのだろう。それにしても、硝子の父親の家族が最低すぎる。友達関係としては新たに×が取れた(仲良くなれそうな)人物も出てきたが、今後どうなるか。植野さんはあまりに本音すぎて、受ける側もその率直さを受け止める覚悟が必要だな。
読了日:6月17日 著者:大今良時
蘭陵王 (文春文庫)蘭陵王 (文春文庫)感想
中国の南北朝時代という、三国時代と隋唐時代の間の割とマイナーな時代に「蘭陵王」という名と共に存在した高長恭という人物を中心にした話。しかしこの当時の暗愚な皇帝によって非業の死を遂げる。ヒロインとして登場する徐月琴との甘い行為の場面はほとんどないのだが、お互いを尊敬し大切に思う雰囲気は好感が持てる。それにしても皇帝の愚かさには読んでる間ずっと腹立たしく思った。
読了日:6月17日 著者:田中芳樹
シドニアの騎士(7)シドニアの騎士(7)感想
人間とガウナの融合体である白羽衣つむぎ登場。しかしいきなり現れて人間の味方ですって言われてもすぐ受け入れられるものなのかな。つむぎは無邪気で長道に懐いている。
読了日:6月18日 著者:弐瓶勉
僕らはみんな河合荘(1) (ヤングキングコミックス)僕らはみんな河合荘(1) (ヤングキングコミックス)感想
アニメから。何気ない日常+ギャグ+一部変人with下ネタwな中で、律と宇佐くんの距離感が良い。
読了日:6月21日 著者:宮原るり
王手桂香取り! (2) (電撃文庫)王手桂香取り! (2) (電撃文庫)感想
意外に早いなと思ったが、王将の駒の神様である女王様登場。今回あゆむはこの女王様にびっちり指導してもらうのだが、実に真面目で真摯に勉強する姿に感動。そしてもしかして人生を左右するライバル登場?しかし西本くんがアマチュアに留まってる理由が意外だった。そしてコンピュータや女流棋界など、現在の将棋界の状況を実に正確に描かれていると思った。
読了日:6月21日 著者:青葉優一
ちはやふる(24)ちはやふる(24)感想
1冊通して名人戦・クィーン戦の場面。詩暢ちゃんのおばあさんに対する複雑な想いが受け取れる。そして詩暢ちゃんにとって千早が大きな存在になってることを感じる。ネット観戦の新がちょっと面白いw
読了日:6月28日 著者:末次由紀

読書メーター

[PR]
by AppleTeaKobo | 2014-07-02 07:32 | 日記