<   2014年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

10月の読書メーター

2014年10月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:552ページ
ナイス数:44ナイス

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (6) (電撃文庫)ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (6) (電撃文庫)感想
今回はモノローグに始まり最強の敵将と対峙し己の歩む道を見出したトルウェイの「一皮むけた」話だった。ストーリーは一応の決着を見たものの完全解決とまでは行かず、「続きが気になって仕方ないよ!ヽ( `д´)ノ」という気持ちを巻末のマンガのシャミーユ殿下がよく表してくれていますwイラストレーターが今回から代わり、さんば挿先生お疲れ様でした、どうぞお大事に。
読了日:10月14日 著者:宇野朴人
聲の形(6) (講談社コミックス)聲の形(6) (講談社コミックス)感想
前巻衝撃のラストの続き、硝子を守って眠りについた将也をとりまく一人一人それぞれの将也への思いをつづった1冊。植野さんのような行動はまあ思い余ってという感じはわかるが、やはり川井さんは理解に苦しむな。そして目覚めた将也はどうする?次巻見逃せないラスト。
読了日:10月17日 著者:大今良時
キューティクル探偵因幡 14巻 (デジタル版Gファンタジーコミックス)キューティクル探偵因幡 14巻 (デジタル版Gファンタジーコミックス)感想
ヤギ・イカにツボったwまさかまた出て来るとはwそれと衝撃のロレ袋話w巻末描き下ろしも良かったが、ごめんツインテールクラミーは見たくなかったかもw九条の虎見てみたいwあああと鉄謙の幸せそうな顔が最高!
読了日:10月27日 著者:もち
ちはやふる(26)ちはやふる(26)感想
表紙から太一中心の話が想像できたが…太一杯の集合写真イイナと思っていたらその後衝撃の展開…。ごめんってそういう意味なの?やはり3人このままの関係ではいられないのか…。今後波乱の新学年になりそう。 そういえば小学生時代の新のメガネの話、千早にするの初めてだったということを改めて思い出した。
読了日:10月31日 著者:末次由紀

読書メーター


読書が少ないのは編み物がはかどっている証拠で・・・(^^ゞ
[PR]
by AppleTeaKobo | 2014-11-01 21:16 | 日記

最近はアニメや読書の感想中心になっています。


by AppleTeaKobo