<   2015年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

1月の読書メーター

2015年1月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:1609ページ
ナイス数:100ナイス

ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)感想
このシリーズ読んでると、古書にかかわる人たちがみんなこうだとは思いたくないが、この「稀覯本」に対する思い入れの半端なさが怖い。特に最後の真理おばあさんのセリフが空恐ろしい。今巻は今までのような本にまつわる人と人とのほのぼのとした関わりと言うよりは、今後の展開への序章のような、結構重い話だった。でも大輔さんと栞子さんの筆談メモからの甘いシーンは読んでていきなり萌えたがw、しかしそれもアレの存在を意識しての演技だったのだろうか。
読了日:1月2日 著者:三上延
ラストゲーム 7 (花とゆめCOMICS)ラストゲーム 7 (花とゆめCOMICS)感想
いやー九条の混乱が可愛いねw相馬くんのこともあって柳が一気に行ってしまうか?と思われたが…。しかしお母さんフォローのタイミングが素晴らしいな。やはり最後は女の子同士の語り合いか。ブチ切れた桃ちゃんが何気に九条の背中を押してる気がする。
読了日:1月5日 著者:天乃忍
青春鉄道 2015年度版 (MFコミックス ジーンシリーズ)青春鉄道 2015年度版 (MFコミックス ジーンシリーズ)感想
昨年起こった鉄道関連の話題をいろいろネタにしてあるので、「そうそう、あったあった」と思い出しながら読めました(笑)ミュージカル化おめでとうwアニメ化も希望!
読了日:1月7日 著者:青春
純潔のマリア exhibition (アフタヌーンKC)純潔のマリア exhibition (アフタヌーンKC)感想
この本は本編を読んでから読むことをおすすめします。本編で語られなかったビブ・マリア・ジョセフ・エゼキエルの短編。特にマリアとジョセフの娘として現世に転生したエゼキエルとミカエルの邂逅がうれしい話。可愛がられて大切に育てられているようで良かった。
読了日:1月7日 著者:石川雅之
駒ひびき (2) (ドラゴンコミックスエイジ)駒ひびき (2) (ドラゴンコミックスエイジ)感想
引きこもりの杏奈先輩も可愛いな。高校の団体戦が始まり、対局を通して相手のことが見えてくる。ちょっと部長が心配。
読了日:1月7日 著者:水鳥なや
それでも世界は美しい 8 (花とゆめコミックス)それでも世界は美しい 8 (花とゆめコミックス)感想
待った…Kindle版が出るまで長かった…Kindle化はもう少し早くして欲しい。話は湖の王国編クライマックス、フォルティスとルナの仲がうまくいったのは良かったが、フォルティスがリヴィウスに言ったことがいずれストーリーになるのだろうか。そして、その後は新章展開。
読了日:1月23日 著者:椎名橙
サーバント×サービス(4) (ヤングガンガンコミックス)サーバント×サービス(4) (ヤングガンガンコミックス)感想
完結編。結局みんなおさまる所へおさまって大団円。長谷部とルーシーも良かったが、何気にMVPは譲二なんじゃないかと思っているwホントは特装版の別冊を読みたかったが、手に入らない。
読了日:1月26日 著者:高津カリノ
ニーチェ先生~コンビニに、さとり世代の新人が舞い降りた~ 3 (MFコミックス ジーンシリーズ)ニーチェ先生~コンビニに、さとり世代の新人が舞い降りた~ 3 (MFコミックス ジーンシリーズ)感想
相変わらず塩山さんの熱意の方向性がねじれてて可愛いwそして松駒氏のオッサン愛を感じる1冊でもあるw
読了日:1月28日 著者:松駒,ハシモト
織田信奈の野望 全国版 (12) (富士見ファンタジア文庫)織田信奈の野望 全国版 (12) (富士見ファンタジア文庫)感想
上杉謙信編。毘沙門天の化身として生きる決意の固い謙信、安土で良晴と一緒の謙信のかたくなな心は読んでて「んもう~」と思わされたが、しかし最後は勝家の、兼続の、そして良晴の人間性が彼女を毘沙門天から救ったんだろう。そして話は毛利へと続く。
読了日:1月30日 著者:春日みかげ
海街diary(うみまちダイアリー)6 四月になれば彼女は (フラワーコミックス)海街diary(うみまちダイアリー)6 四月になれば彼女は (フラワーコミックス)感想
久しぶりに海街daiaryシリーズを読んだ。この作品は人間の心根の良い面ばかりをつなげてストーリーにしているような感じもするが、おかげで読後はいつもふわっと暖かい気持ちになれる。タイトルの「四月になれば~」はすずの進学の話も絡んでくる。金沢のすずの親戚もみんな良い人ばかりで、金沢の伝統的なものを守る気持ちもわかったし「きれいなものの力」もあると思えた。人を思いやる気持ちのあり方も学ぶものがある。すずも、すずのサッカー仲間のみんなも、姉ちゃんズも、みんな頑張れ。早く続き読みたいな。
読了日:1月30日 著者:吉田秋生

読書メーター

[PR]
by AppleTeaKobo | 2015-02-01 10:00 | 日記