4月の読書メーター

2016年4月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:1576ページ
ナイス数:34ナイス

重版出来! 4 (ビッグコミックス)重版出来! 4 (ビッグコミックス)感想
安井さんと東江さんと沼田さんと中田くん、それぞれを見て「プロってなんだろう」と思ったり。
読了日:4月1日 著者:松田奈緒子
重版出来! 5 (ビッグコミックス)重版出来! 5 (ビッグコミックス)感想
東江さんが明るい見通しを見つけられて良かった!西脇氏の美しいものへのこだわりは善悪を越えたところにあるような気がする。
読了日:4月1日 著者:松田奈緒子
重版出来! 6 (ビッグコミックス)重版出来! 6 (ビッグコミックス)感想
シンパシーとエンパシーの話は勉強になった。そして長いことかかった中田くんの連載デビュー。彼を見守る人の人間の大きさがすごいと思う。そしてWEB連載と契約のこと、校閲の話。特に校閲という仕事はよく知らなかったので勉強になった。
読了日:4月2日 著者:松田奈緒子
3月のライオン昭和異聞 灼熱の時代 1 (ジェッツコミックス)3月のライオン昭和異聞 灼熱の時代 1 (ジェッツコミックス)感想
「3月のライオン」の神宮寺会長の話のはずなのだが、美崎八段に引き込まれた。
読了日:4月3日 著者:西川秀明
のうりん 11 (GA文庫)のうりん 11 (GA文庫)感想
今回は種にまつわる話と若旦那の話かな。時折ベッキーが乱入して来るがwでもまあ穏やかに進んだ話だったと思う。しかしラストの林檎ちゃんは…。次巻が気になるが、12巻は短編集なんだよね。話の続き早く。
読了日:4月4日 著者:白鳥士郎
3月のライオン昭和異聞 灼熱の時代 2 (ジェッツコミックス)3月のライオン昭和異聞 灼熱の時代 2 (ジェッツコミックス)感想
田中名人怖ええよ…。でも将棋をしたい一心で地獄を生き延びてきた名人だから言える言葉でもあるな。もうあの名人の過去を見てしまうと、神宮寺がいかに吼えても吹けば飛ぶような存在に見えてしまう。今でこそ将棋棋士はクールで知的な職業に思えるが、一時代前はこんなドロドロした時代だったのだ。非常にハードボイルドな1冊。しかしこの二人のごつさに比べると、柳原の朔ちゃんはとても可愛いw
読了日:4月4日 著者:西川秀明
ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (9) (電撃文庫)ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (9) (電撃文庫)感想
アルデラ教徒のキオカ脱走を阻止すべくマシュー達がその戦場へ赴くが、誰かさんの仕掛けた罠により大苦戦。それにしてもパトレンシーナはショックだなあ、その幼い頃の境遇に同情しなくはないが…。一方ヤトリ亡き後時間を止めていたイクタの時が動き始める。そしてヤトリ父が話すイクタ父の真の英雄譚、その場のゆっくり進む時間の感覚まで感じられる雰囲気だった。復活のイクタ、早く動いてるイクタが見たい。
読了日:4月14日 著者:宇野朴人

読書メーター



ドラマの重版出来面白い!
[PR]
# by AppleTeaKobo | 2016-05-01 19:02 | 日記
<ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?>
ゲームで組んでるチームメイトとオフ会で会ったら女の子ばっかりだったwゲーム舞台のアニメ多いな。まあ面白そう。

<あんハピ♪>
アンハッピー、のことだったのねw和菓子のあんこか何かの話かと思ったw
不幸体質という女の子達の話か、まあまんがタイムきららっぽい。

<ふらいんぐうぃっち>
天然な感じの魔女が引っ越して来て普通に女子高生する感じ?

<機動戦士ガンダムUC RE:0096>
劇場版の第1作だけをテレビで見た事があるが、もうすっかり忘れてしまったな。アレがミネバだと言うことだけは覚えてる。再履修として見るか。

<三者三葉>
これもまんがタイムきらら枠だろうけど、お嬢様っぽいのに貧乏な女の子と腹黒眼鏡っ子委員長と胃袋ブラックホールの3人で良いかな?(笑)

<迷家‐マヨイガ‐>
新しい世界へ旅立つバスツアー、キャラが多すぎて覚えられない。実に変な歌をみんなで平気で歌うし、運転手さんの言うことももっともだと思うが、まあ岡田麿里シリーズ構成なので、一筋縄ではいかない作品になるのだろう。

<坂本ですが?>
高松監督ですかwさすが男子高校生w息子なんか最初の場面見てもう高松監督なんじゃないかと思ったらしいw
スタイリッシュな坂本を緑川光の声で聴けるのはうれしい(笑)

<甲鉄城のカバネリ>
何かものすごく進撃の巨人な感じがするんですが。スチームパンク映画っぽい。絵が独特な感じ。



随時追加予定。
[PR]
# by AppleTeaKobo | 2016-04-11 16:52 | アニメ・マンガ
<僕のヒーローアカデミア>
アメコミっぽい作品だな。異能を持ってないような普通の少年が主人公っぽいが、山下くんのおたおたした演技が弱ペダの小野田くんみたい(笑)でも視聴続けるか微妙。

<Re:ゼロから始める異世界生活>
初回1時間スペシャルだった。異世界召喚モノだが、ゲームのように死んだらやり直す?神視点じゃないので、視聴者は主人公と同じようにこの世界の過ごし方を学んでいく感じがする。

<逆転裁判 ~その「真実」、異議あり!~>
ゲームやったのもうだいぶ前なんで忘れちゃってるなーw成歩堂くんがちょっと頼りない感じもするが、これからたくましくなってく?

<聖戦ケルベロス 竜刻のファタリテ>
ゲーム原作?父の倒せなかったドラゴンを倒す?使役する?ゲーム知らないんでよくわからん。

<マクロスΔ>
「デカルチャー」という単語を久々に聞いたぜw主人公っぽい女の子のセリフがまだちょっと素人っぽいが、まあマクロスなので歌中心になるのでしょう。

<ハンドレッド>
事前特番から見たが、史上最高の数値を出した異能なのに使ったこと無いという主人公とそれにかかわる女の子たちの話?ハーレムもの?いきなり生徒会長と試合というパターンは他でも見たことあるような気もする。視聴継続は微妙。

<エンドライド>
これも異世界召喚モノだが、こっちの方が興味あるかな?腐目線で見られる作品かw?アバンでお父さんすべてを知ってる感じだったけど、まだ世界観つかめてない。

<くまみこ>
くま安元さんだったwコックリさんみたいなカワイイ感じかと思ったけど、もしかしてちょっとエロい?
(追記)2話まで見たが、天然で世間知らずな女の子を愛でる話だなw

<ジョーカー・ゲーム>
原作知らなくて実写映画も見た事なかったんだけど、何かすごそうなものが始まったな。サイコパスみたいな雰囲気。これは見る。

<双星の陰陽師>
これもそんなに気にしてなかった作品だが、実は意外と骨太な作品なのかも?

<文豪ストレイドッグス>
さほど気にしていなかったのだが、先日アニメイト行った時にこれの絵や宣伝がたくさんあったのでまあ見てみるかーと思ったが、引きつけられた。文豪が探偵って、太宰が明智君で中島敦が小林少年みたいに見えた。今後視聴決定。

<SUPER LOVERS>
信乃と荘介?いや現八か?wSUPER LOVERSってガチなBLモノだと思っていたので原作も見ていなかったのだがw、それほどハードな内容ではなさそうだな。むしろ萌えたwレンくんカワイイし晴がチュってしたくなる気持ちすごいわかるw

<クロムクロ>
初回だけではまだ世界観がつかめないが、ロボットが刀振り回して戦う話?

<少年メイド>
母を亡くした少年とその母の弟との何だかほのぼのストーリーだな、見てて心地よい。千尋の家事能力が完璧でスゴイw


あと再放送だけど初見の、
<アウトブレイク・カンパニー>
これも異世界召喚モノだが、面白いじゃないかw見逃してたな。
オタク主人公の異世界生活、どうなるか楽しみw

以下まだ見てない作品もあるので、その2へ続く。と思うw
[PR]
# by AppleTeaKobo | 2016-04-08 10:31 | アニメ・マンガ

3月の読書メーター

2016年3月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1098ページ
ナイス数:87ナイス

織田信奈の野望 全国版 (14) (ファンタジア文庫)織田信奈の野望 全国版 (14) (ファンタジア文庫)感想
13巻に続き九州での物語。大友宗麟はほとんど名前しか知らなかったが、修羅の国九州で「予言」に翻弄された健気な少女だった。最後高城での戦いの場面はほんの一瞬がスローモーションで動いているような感じがする表現だった。そしてすべては官兵衛に騙されたぜw
読了日:3月17日 著者:春日みかげ
恋するSP 武将系男子の守りかた (メディアワークス文庫)恋するSP 武将系男子の守りかた (メディアワークス文庫)感想
第22回電撃小説大賞銀賞受賞作品。現代人が戦国時代へ転生する話はいくつもあるが、戦国武将が現代にタイムスリップする話は意外と新しいかも。戦国武将が現代のテクノロジーや文化に触れるとどう思うかとか、「自分の未来」を知ってしまうことになることを戦国武将がどう受け止めるかとかあまり想像したことがなかった。特に上杉謙信は従来の毘沙門天な雰囲気と同時にそれとは違う女性に対する思いなども意外な一面だった。主人公の千奈美は何となく図書館戦争の笠原郁を思い出させる。面白かったので続編かスピンオフ希望。
読了日:3月22日 著者:結月あさみ
惑わない星(1) (モーニング KC)惑わない星(1) (モーニング KC)感想
石川雅之新連載。「惑星擬人化」という作品で、太陽系惑星の各衛星の名前とか勉強になる。地球が荒んだ状態になっているが月の言うことがいちいち心にささる。
読了日:3月23日 著者:石川雅之
ちはやふる(28) (BE LOVE KC)ちはやふる(28) (BE LOVE KC)感想
太一の退部でかるたから離れていた千早がかるた部に戻る話。しかし離れていた間に部の雰囲気や大会のルールまで変わっていて動揺する。変わると言えばかなちゃんと机くんと肉まんくんの関係も変わりつつあるようだ。「ほめられたい」田丸さんは読んでて私だと思った。いろいろ打ちのめされた。あとこのマンガは先生達がみんな素晴らしいと思うのだが、千早に黙って寄りそう先生とか、女帝の「来年も再来年も続いて行く」という言葉とか良かった。一方詩暢ちゃんは何だか違う方向へ突き進んでいるようで、新が新しく作ったかるた部話はオマケ4コマw
読了日:3月30日 著者:末次由紀
ちはやふる(29) (BE LOVE KC)ちはやふる(29) (BE LOVE KC)感想
今回はヒョロくん回でしたねー。前巻とセットで読むと良い。ヒョロくんすごい学校の先生向きなんじゃないかと思ったり。試合に太一はいないけど、みんなそれぞれずっと太一の存在を感じながら戦ってる。しかし今回一番泣きそうになったのは、坪口先生の青春だったりする。詩暢ちゃんもやっと自分の思ってることを口にした感じ。一方4コマは今回も強すぎて応援がいらない新w
読了日:3月30日 著者:末次由紀

読書メーター


割と頑張って読んだなw
[PR]
# by AppleTeaKobo | 2016-04-04 13:48 | 日記

冬アニメ 終わったもの

<プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ>
イマイチ盛り上がらなかった気もするが、たまに将棋部的場面が見られて良かった(笑)
まあ美少年を愛でるアニメだったということでw個人的には藤原くんにはずっと眼鏡でいて欲しかったw

<ハルチカ~ハルタとチカは青春する~>
今回は吹奏楽メインでないことが早々に分かったのでw最後まで見られた。終わり方は「それで終わり?」って感じがしたがwでも草壁先生がドイツのオケすっぽかした理由ははっきりとはわからなかった。
ストーリーは初めの方の成島さんとマレンの話が良かったな。2期あったら見る。実写化も決定とか。

<少女たちは荒野を目指す>
毎回問題が起きるが何とか解決して前進する、というストーリーだったが、そこそこ面白かった。アトムくんの仕事がどういうものかイマイチよくわからなかったがw
さすがにゲームクリエイターが企画してるだけあって、「ゲームの作り方」をレクチャーされてるような気分になったwまあさわやかストーリーだったけど、実際にはこんなんじゃなくて他社との競争とかそれこそ黒田兄のようなことはよくある現実なんだろうな。
そういえば黒田さんはアクセルワールドの黒雪姫先輩となんとなくイメージがかぶったw

<僕だけがいない街>
「僕だけがいない街」ってそういう意味だったのか。結局友達とお母さんの命を救うことは出来たけど、アイリとは出会わない未来になってたのね。でもラストで出会ったからアイリとはこれからだな。
八代先生は最初から怪しいと思った(笑)物分かりが良すぎると思ったのでw
結局八代先生が少女達の命を奪っていく理由がイマイチわからなかったな。でも最後つかまってすっきりしたw
原作も完結らしい。

<霊剣山 星屑たちの宴>
それなりに興味を持って毎回見ていたのだが、「クーレーコン」が「空霊魂」だとか、耳で聞いただけでは理解が難しい言葉が並んでいるのでちょっとわかりにくかったかも。文字で読んだ方がわかりやすいかも。日本では原作出てないのかな。2期あるらしいのでまあ続きも見るかな。

<デュラララ!×2 結>
デュラララ完結。結局デュラララって言う話は、帝人がゆっくりゆっくり壊れていく様を見ていく話だったような気がする。そしてやはり臨也はくたばらないのか。新羅が罪歌に切られたことも、最後にああいう結末に使われるのは想像出来なかった。しかし、同時進行でいろんな事件が起こったり、事件の中でも時間を行ったり来たりして見せる手法が凝っていてなかなか複雑だったな。毎週見るより、まとめて一気に見た方が話が分かりやすいかも。

<いとしのムーコ>
実は終わり3話くらいのところで放映に気が付いてそこから見始めたんだがw初めから見れば良かったなw
犬好きのダンナがお気に入りでした(笑)でも4月から日曜朝にリピート放送あるようで良かったw



以下随時追加します。

<機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ>
ヤクザとハーレムを美化したような感じとか、そして三日月が平然と人を殺すシーンとか、正直に言うとあまり好きになれないガンダム作品だった。前のGレコが深夜枠でこれが日曜夕方ってのがちょっと…。
地球に来て終わりってことは無かろうと思っていたら、案の定2期発表。まあ行く末を見守りますか。マクギリスがどうなるかも気になる。
鉄華団の子どもたちは命をかける生き方しか知らなかったから、これ見るとやはり子どもには「平和」とか「愛されること」とかを体験させないといけないなーと思う。

<ハイキュー!セカンドシーズン>
最後の青葉城西戦は大王様が3年で最後の大会だから日向達は負けるのかもと思ってたら勝っちゃったw次クールで白鳥沢戦なのね。東京での合宿編も面白かったし、新キャラいっぱい出て来たし、何より山口くんが成長したのが一番良かった!w

<おそ松さん>
最終回1つ前のBパートからの温度差が激しいwあのじわっと来た気分はどこへw
何だかんだと話題になって1クールから2クールへ伸びたおそ松さんでしたが、場面中に書いてあることとか、エンドカードとか、ファンの分析力すごいwこんだけ儲かってるコンテンツなんだから2期はあるでしょw期待してますw
[PR]
# by AppleTeaKobo | 2016-03-29 20:17 | アニメ・マンガ

最近はアニメや読書の感想中心になっています。


by AppleTeaKobo