オリンピック開幕!

帰省したりとかしておりまして、ごぶさたしておりました。m(_ _)m

さて、アテネオリンピック、始まりました!
実は「オリンピックなんて興味ねえ~」とか思っていたんですが、始まってみると放送をいろいろ見ている自分がいます。(^^ゞ
そして、柔道のヤワラちゃんと野村選手が金メダルを獲得!
いや~、今回はマジで「ヤワラちゃんはダメだろう」と思っていたので、心からおめでとうを言いたいです。
そして、勝った直後のヤワラちゃんとダンナの野球の谷選手の涙・・・。
以前は二人でコマーシャルやったりしてるの見て、「何やってんだか~」とか思っていたんですが、
そんな気持ちは吹っ飛びました。ホント良かったね、ふたり。
今まで、野球選手の奥さんって一方的にダンナを支えるために存在するみたいに思っていたけど、
谷夫妻の場合は違う、どっちかって言うと逆かなって思ったりもしました。
(どっちかというとヤワラちゃんの方が世界的にビッグネームだし)
ヤワラちゃんの影に隠れちゃったけど、野村選手、オリンピック3連覇って、
4年×3回って12年も世界の頂点に立つってスゴイですよね。
最初から「金メダル」を期待されていて、実行するってホントに大変なことです。
インタビューで涙を拭くヤワラちゃんの手がテーピングだらけだったのを見て、
「頂点に立つって、苦しいことなんだなあ」と実感しました。
報道の人もあんまりメダルメダルって言わなくていいのにって思ったりしています。
本人がベストを尽くす事の方が大事だと思う。
結果はあとからついてくるもの。
これからも沢山の競技が行われるけど、日本の選手の皆さんが、自分のベストを発揮できるように祈りたいと思います。
[PR]
# by AppleTeaKobo | 2004-08-15 11:53 | 日記

君のためにできること  

今日の日本経済新聞の36面(つまり一番裏)に載っている、「文化」の欄に大崎善生氏が書いた「君のためにできること」という文章を是非読んでいただければと思い、ご紹介します。
こんな美しい心を持つ少年がいたんだ、という、心洗われる様な内容です。
[PR]
# by AppleTeaKobo | 2004-08-01 11:54 | 日記

ブラーチャ

「ブラーチャ」と聞いて「鋼の錬金術師」を思い出した方は、かなりのハガレン通でしょう。(笑)
最近ハマっているもの・・・それは「鋼の錬金術師」というマンガ・アニメですね。
ある日、何気なくテレビをつけて見ると画面にごつい鎧が映っていた。
「ああ、またガンダム系アニメか・・・」と思ってチャンネルを変えようかと思ったらこの鎧、ずいぶん幼い声でしゃべる。
何だかその不釣合いな姿に疑問を感じてしばらく見てると、鎧と鎧が兄と呼ぶ少年が
「犯してしまった禁忌」とか「元の体を取り戻すために」とか、言っている。
なんで?どういうこと?と思って、原作マンガ7冊、小説本2冊、パーフェクトガイドブックまで読破。
それで、アニメのバックとかで流れる「オリジナル・サウンドトラック」というCDまで購入。
曲のほとんどを「モスクワインターナショナルシンフォニックオーケストラ」というフル編成オケが演奏していて、
物語の内容さながら、かなりシンフォニックで重厚なサウンドの曲が多い。
その中に「ブラーチャ」というロシア語で少年が歌う曲が入っている。
この曲、アニメで流れている時もかなり気になっていた曲で、美しいけど物悲しい感じのする曲。
「グリーン・スリーブス」のような曲と言うとわかってもらえるかな。
「ブラーチャ」、かなり良い曲で何度も聴きたいけど、何度も聴いてると悲しくなっちゃう感じです。
でもこの曲、ロシア語なので何て言ってるのかわからない。
CDに付いている歌詞カードも「Прости меня, младший брат!・・・」としか書いてない。全然読めない!
それで、Webで「ブラーチャ」で検索したら翻訳の書いてあるページを見つけて、やっとわかりました。
わかったらさらに・・・(涙)という感じの詩でした。
今までロシア語なんて全然興味なかったんだけど、少し興味を覚えました。何がきっかけかわかりませんね。
ここまで読んで「鋼の錬金術師」に興味を持たれた方は、是非原作をお読みになってみて下さい。
[PR]
# by AppleTeaKobo | 2004-07-30 12:30 | アニメ・マンガ